vol.020[00年2月27日発行]

          ★ウソとシュールとナンセンス★

●●●●●  ●    ●●●●● ● ● ● ●●●●● ●●●●●
    ● ●●●●●    ●  ● ●            ●
  ●●●  ●  ● ●●●●● ● ● ● ●●●●● ●●●●●
  ●    ●  ●    ●  ● ●       ●    ●
●●●   ●●  ● ●●●●  ● ●●● ●●●●● ●●●●

■■■■■■■■エ■レ■キ■メ■ー■ル■マ■ガ■ジ■ン■■■■■■■■

第20号 『学研まんが・和製プレスリーのひみつ』

 今号の挨拶

 ニュース:大人気イタリア料理に毒物混入?!
 コラム :現代文化がもたらす伝統文化のたそがれ
 街の真実:噂の検証(悩みも解決しちゃうぞ!)
 現場の声:カナダからの手紙〜Love Letter From Canada〜その1

 アンケート結果

 編集後記

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

★今号の挨拶

 なにか手違いがあったのでしょうか、バレンタインデーには、編集部にひと
つもチョコが届きませんでしたが、再開にあたり、メールやアンケートなど
で、たくさんの祝辞をいただきました。ありがとうございました。今後とも、
生活に役だつウラ技まんさいでがんばります。+ウソ技1      (エ)

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

★ニュース『大人気イタリア料理に毒物混入?!』

ケーブル県マディソン郡お口すっきり村の飲食店”ゲルググ”で、店頭に12
年前から飾られていたロウ製のスパゲッティに毒物が混入されていたことが、
仙人のお告げによって2年前から判っていましたが私は今知りました。

混入された毒物は旗本の三男坊(通称:新さん)とみられ、悪事あるところど
こでも簡単に手に入れられるものです。

第一発見者の金屏風槍襖さん(42才、職業:なんちゃってサラリーマン)は
記念式典を開き、その席上で
「ナポリタン評論家の私としては、シャア専用から量産型に変わっているナポ
リタンを見過ごせないと思った。パクリとイったところ、新さん独特のピリリ
とした食感があった。」
などとなんちゃってぶりを発揮し、お戯れになりました。

この事件に対し警察は対策本部を設置して、現場の向かい側に立つ大衆食堂
”巨泉”の主人、宮殿アルハンブラ(7才、職業:チャーリー浜)の作るパン
粉ステーキに舌鼓をうちつつ、『おやくそく』であるとして旗本の三男坊の
結婚相手探しに奔走しています。        [スパイ/こめとりうを]

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

★コラム『現代文化がもたらす伝統文化のたそがれ』

 五寸クギを踏んでも痛くないことから、昨年来、若者を中心に大人気の厚底
ブーツ。足が長く見えたり、厚い靴底の層からアンモナイトが発掘されたり
と、その恩恵ははかりしれない。
 この厚底人気で、壊滅的な大打撃を受けたのがクギ産業である。クギ業界の
大手しにせ『うしどき』の十四代目姐で、魔女でもあるクリーミー・マミ女史
は、編集部のインタビューに応えて、干したカエルを押しつぶしながら語っ
た。「わが社の出荷している製品の10%はスポーツ用、木製バットに何本も
打ちつけてバットの破壊力を増すためのクギで、90%は主力、呪い用のクギ
が占めています。しかし厚底に対して無力なことで、消費者の、呪いに対する
信頼がうすれてしまいました。このままでは、別れてくれると言ったのに妻と
別れてくれないまま長男の誕生をきっかけに合鍵を返してよこした上司など
の、呪い対象人口は手つかずのまま増える一方です」。
 また、さらに近年、呪いメディアがクギからビデオへと変遷しつつあること
をふまえ「若者の『呪い離れ』はもはや深刻な状況にあります。むかしはどこ
の神社の木にも、光りかがやくクギと素朴なつくりのワラ人形が、日常性をと
もなった、わびさびの風景として見うけられたものです。このまま古きよき伝
統が失われていってもよいのでしょうか」と、マミ女史は干したカエルをほぐ
しながら指摘した。
 むろん『うしどき』がただ手をこまねいているわけではない。新たな規格と
して「六寸クギ」を開発し、販売にむけて呪い効果の最終調整に入った。従来
のものより一寸長いこのクギに期待がかかるが、厚底ブーツの底は、今後さら
に厚くなっていくと予想され、イタチゴッコの様相をていすことは確実だ。
 マミ女史は、干したカエルを煮つめながら、こうも語っていた。「厚底ブー
ツはバベルの塔です。地上の愚かな人間は天の領域に近づこうと必死なので
す」――『うしどき』の関係者は厚底ブーツに「天罰」がくだることを心待ち
にしている。だが、もしくだるとしたら、それは呪いを商売にしている『うし
みつ』のほうではないだろうか。しかもマミ女史が煮ていた干したカエルは、
冬をひかえたモズから横取りしたものだという。
 厚底ブーツの普及とともに、わが日本の伝統文化は大きく変わろうとしてい
る。クギ業界と、あと、なによりモズにとっては、つらくきびしい冬となっ
た。                              (エ)

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

★街の真実『噂の検証(悩みも解決しちゃうぞ!)』

Q.タツヤックスがグレイに入るって本当ですか? [スパイ/(エ)ラブ]

A.本当です。いえ、正確には本当でした。タツヤックスさんは今春に「アラ
シ」か「グレイ」に就職しようと思って青田刈りに合いながら密かに就職活動
をしていました。SPI試験も無事にとおり、集団面接、役員面接、看板溶
接、複雑骨折、をクリアして見事に2社から内定をいただきました。タツヤッ
クスさんは迷ったあげくに就職口をグレイにきめました。そして事件が起こり
ました。かれら(グレイ)は内定式上でこういったのです。「僕らは、黒でも
なく、白でもないのです。だからグレイなんです」と。タツヤックスさんは雄
叫びをあげながら彼等に叫びました。「スペル違うじゃん!」グレイ自身もそ
こには複雑な事情があるらしく黙ってうつむくだけでした。タツヤックスさん
はそれを西田敏行風に見つめて会場を後にし、後日内定を辞退したそうです。

Q.ここの編集部の皆さんで宗教団体をつくるって本当ですか? どうすれば
入会できますか? そこには「シャクティ」あるんですか? シャクティ最
高!!                       [スパイ/ミイラ]

A.まだ未認可な団体は存在します。胃弱会です。この団体はみんなで「お
れ、胃腸ダメでさ」とかるい愚痴をこぼしながら、神経質に集まることを意義
として、常にもたれて、キリキリしてます。入会方法ですが、「胃弱」が絶対
条件であり、程よい胃弱であること。ちょっとひきそうな胃弱は御遠慮願いま
す。
その団体は「シャクティ」はありません。しかし、横になるときは常に右側部
分を下にして横になります。胃にはとても癒される姿勢なのです。なにかスト
レスがたまった時や、運動不足、ダイエット効果も期待したいなあ、といって
おりました。尚、現在の胃弱会はどこに存在してるかは不明であり、詳細はわ
かっておりません。

Q.お久しぶりです。こんにちは。最近「カリスマ」って言葉が流行っていま
すよね。そこで質問です。アカチバラチのライターの皆様の中で一番カリスマ
持っている方はどなたですか? 逆にカリスマの無い方はどなたなのでしょう
か? トラブルが無い範囲で教えて下さい。      [スパイ/えいじ]

A.ぶりりんこ!(おひさしぶりのおNEWな挨拶。さわやかスマイルで言う
のが吉。)そうですね、世の中「カリスマ」ブームですね。便乗したものも散
乱しているのでみなさん注意してくださいね。例えば「サタスマ」。意外なと
ころで、「塩バタ」なんかもそうなんですよ。さて、本題ですが、う〜ん。迷
いますね。
「カリスマ」とは「カリがスマートな人」ですので、我々のなかで一番スマー
トなのはマウス編集長かもしれません。マウスのカリは地平線がみえかくれす
るほどのスマートぶりですごいオーラを発してます。その影響でしょうか?か
れは洗い立てのしわくちゃなシャツも彼が着ると糊付けされたようにパリパリ
になり、スーツもびしっと決まります。くしゃくしゃな包装紙も彼が触れるだ
けで新品同様になります。パーマも決してかかりません。パーマキラーが彼の
裏世界のコードネームです。ちょっと古いですが、「DOVE」という洗顔石
鹸のCMで顔がパリパリでと太った女性が懇願していましたが、彼女のパリパ
リはマウスの影響だったのです。なにせ、彼女はマウスのラ・マンですか
ら・・・。ですから彼意外の全員はカリスマはないといっても問題ないとおも
われます。                           (タ)

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

★現場の声『カナダからの手紙〜Love Letter From Canada〜その1』

 私は刑事(でか)だ。そう、モットーは「職務中死なないこと」、これに尽
きる。実際のところ、自分が命を落としたときに、タイプライターのようにカ
タカタと一字ずつ「……(←ここには私のあだなが入る)殉職」と入力してく
れる親切な人は存在しないからだ。そう、あだなといえば、ダークダックス
だ。「四季の歌」(タイトルすらうろ覚えで大変恐縮だが)において、

春を愛する人・  ・ぼくの父親
夏を愛する人・  ・ぼくの母親
秋を愛する人・  ・ぼくの友達
冬を愛する人・  ・ぼくの宗兄弟(特に猛)

を正しく線で結べる人は少ないだろう。ここで、4P4=4×3×2で24通
りの「四季の歌」がランダムに発生するわけだが、そう、そんなことはどうで
もいいと言っても、過言ではない。
 あだなの話であった。字(あざな)の話ではなくて、である。義兄弟のよう
な同僚たちの笑顔が瞼に浮かぶ。そう、私は中国史にも造詣が深いのである
(専攻は光栄の三国志)。「もしもし亀よ」の歌はご存じだろうか。そう、
「もしもし亀よ」で始まる歌だ。あれで中国の王朝が覚えられるので、受験生
である諸兄に是非伝授したい。Let’s singだ。

 殷、 周、 春秋、 戦国、  秦、
(もし、もし、かめよ、かめさん、よ)

 漢、 魏、 蜀、 呉、隋、 唐、宋、
(せか、いの、うち、で、おま、え、ほど)

 金、 元、 明、 清、中華・民国、
(あゆ、みの、のろ、い、ものは・ない)

 中華・人民・共和国
(どうして・そんなに・のろいのか)

そう、この歌のポイントは「王朝の順番を正確に覚えていないと歌えない」と
いう本末転倒なところである。歌えなかったあなたのためにWavファイルの
ダウンロードを用意してある。ここ(下線)をクリックすること。
 そう、今回はアカデミックな内容でお送りした。次回を楽しみにしていただ
きたい。Have a nice day!(ズームイン朝! ウイッキーさ
んの英会話のコーナーの締めの台詞)               (あ)

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

★アンケート結果

 1 Gメン  2票
 2 カサノバ 1票
 2 哀川翔  1票

 どうも、藤原紀香です。今回は、みなさんの好きな色について教えてもらい
ました。教わりましたが、じつは、これは「色うらない」でもありました。好
きな色から運勢をズバリあてますので、どうかあたってみてください。
 倍の大差でダントツ1位はGメンでした。Gメンといえば、Gメン75です
が、Gマンが75人、規律ただしく一列横隊で歩いているという意味です。問
題はGマンのGとはなんのGか、ですが、これは「ゴンタ」の頭文字ですの
で、色はコゲ茶の肌(ゴングロ)と黄色い帽子(ゴンキ)、しばしば世間しら
ずな経済活動(巨大な百円玉でノッポさんから工芸品を購入)をしてボられそ
うなので注意して。ノッポさんがつくる工芸品の材料はぜんぶ廃材だぞ!
 惜しくも1票差で2位に甘んじたのはカサノバでした。史上、名高いジゴロ
なのですが、歌にいわく「にくいカサノバ、フォーリンラブ」ということで、
色はキウイかパパイヤかマンゴーのいずれか、結果的に、うれしはずかし真夏
の噂ですので、なにとぞフルーツ・スキャンダルには注意して。キウイを食べ
すぎると口のなかがずっとキウイになっちゃうぞ!
 また、哀川翔といえば、20世紀最後のヤサグレ俳優ですが、彼の代表作が
なにかを知っているのは、たぶんご本人だけだと思います。とか言ってしまう
と殴られそうですね。したがって色はバイオレンス色、ときとして不良先生
(生徒への理解に長ける)なので、うっかり感動しないよう注意して。暴力で
はなにも解決していないはずだぞ!
 かくして、アカチバラチ読者のみなさんの好きな色は、多数決の結果、Gメ
ンに決定いたしましたので、今後はGメンで統一してください。街でGメン色
の人を見かけたら、アカチバラチの読者だと思ってまずまちがいはありません
から、目を合わせぬように。                   (エ)

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

★編集後記

 ブリトー食べたい (エ)
 鎌倉の大仏って中に入れるんですね!(タ)

 ※(あ)記者の編集後記を探しています。求ム情報。

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

・記事の内容はすべてウソでシュールでナンセンスです
・実在の人物・団体名とは、いっさい関係がありません
・誤字脱字、間違った日本語のたぐいはわざとです
・バックナンバー、購読解除はホームページにて 
・配信先変更は解除した後、新しいアドレスで再登録してください
・本メールにより生じるいかなる損害について当方は全面的に無責任です  
・このメール中すべてを無断で転載・再配布することを禁じます
●インターネットの本屋さん『まぐまぐ』を利用して発行しています
 ( http://www.mag2.com/ )

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

エレキメールマガジン『アカチバラチ』
発行人責任者編集長:内藤マウス
   現編集長代行:エーシ(kontic@geocities.co.jp)
アカチバラチ編集室:http://www.alles.or.jp/~kontic/akabar/index.html



ご注意
・記事中のメールアドレスやURLは現在おおむね無効です。
・募集のたぐいも現在おこなっておりません。

←前号表紙次号→