type-R紹介

HOME >> 自作ツール紹介 >> type-R紹介

type-Rとは

今やmp3,wma,aacなどの音楽ファイルがパソコンの中に入っていないという方はほとんどいないでしょう。type-Rはこの音源を使ってタイピング練習をするためのソフトで、お気に入りの曲を流しながら練習することができます。歌詞ファイルを作り、歌詞を打つことで曲の歌詞を覚えることにも一役買ってくれます。(体験済み)

主な機能

  • カラオケ風に今打っている歌詞の色が変わっていく
  • 行頭タイムタグだけではなくカラオケタグにも対応
  • ローマ字自動認識(IME2000準拠)
  • 曲ごとの最高スコアを記録
  • スコアによって女の子の表情が変わります(ちなみに名前はハル)

キャラクターイラストはezk氏に書いていただきました


使い方

type-Rのダウンロード
上記リンクをクリックするとTWtoWebをダウンロードすることができます。
  1. デスクトップなどの適当な場所に保存します
  2. type-Rv1.00.zipを解凍します
  3. manフォルダに入っているindex.htmlを参考にして歌詞ファイルを作成します
  4. audioフォルダに音楽ファイルと歌詞ファイルを入れます
  5. Game1.exeを実行してください
  6. 曲選択画面で曲を選択して実行してください

今後の予定

yaneSDK3rdの一部を除いて他のライブラリを使わずにWin32APIだけ使って作ってみたゲームです。操作性に問題がありますがたぶん変わりません。初めてゲームを作るときはもっと簡単な方法で取り組みましょう…。