戻る

「あの、先輩……」

 少しためらいがちにさくらが言ったのは、デートの帰りで話題が一段落した時だった。

「私……そろそろ“あれ”が来るんで……」

「あれって……あれ?」

「はい……」

 恋人になってからそろそろ半年。さくらの発情期が来るのは3回目だった。思えば最初の発情期は根性で乗り切り、次は体力の限りを尽くしたものだ。しかしまたあの日々が来るとなると、やはり疲れるかもしれない。

 まあ、発情期のさくらも甘えんぼで可愛いんだけど……。

「……あの……ご迷惑をおかけします……」

 頬を赤らめながら、さくらが頭を下げる。俺は慌てて首を振る。

「そんなことないって。いっぱいサービスしたげるからさ」

「……はい……」

 真っ赤になってさくらが俯く。

 とは言ったものの、さすがに芸もなくやりつづけるのは大変で。でも求められて応えないのもさくらに失礼だし。

 俺は以前から考えていた事を実行する事にした。

「あの……先輩……」

 二日後の昼休み、さくらが教室までやってきた。こんなこともあろうかと、コンドームは準備してある。

 しかし近くでよく見ると、まださくらはそれほど切羽詰ってはいないようだった。

「さくら、大丈夫?」

「はい……。でも、今晩は先輩の家に泊まってもいいですか?」

 明日は休日だから、思いっきり出来る。それでさくらも我慢しているのだろう。俺にしても、家の方がいろいろと便利だ。

「構わないけど、今は良いの? ちょっとぐらいなら……」

「いえ、下手にすると、本格的に始まっちゃいますから……」

 物欲しげな表情をしながらも、さくらは足早に立ち去っていった。なんでも、あの期間は俺の顔を見るだけで欲しくなるそうだから、これも仕方ない。

「なんだよ、短い愛の語らいだったな」

 席に戻ったところへ大輔が茶化してくる。俺はシニカルに溜息をついてみせた。

「愛故に、人は戦わねばならんのさ……」

 家に帰って準備を終えた頃、チャイムが鳴った。ドアを開けると、予想通りにさくらだった。

 顔はもうかなり上気している。知らない人が見れば、病気だと思うだろう。

「……いらっしゃい」

 お泊りグッズの入ったバッグを部屋の片隅に置くと、間髪入れずにさくらは抱きついてきた。服ごしにも普段より熱い体温が伝わってくる。

「すみません先輩……もう……」

 さくらが唇を重ねて、激しく舌を動かす。片方の手は俺の股間をすりあげてくる。

 ふんふんと荒い呼吸が聞こえる。たっぷりと唾液を交換した後、俺は尋ねた。

「あの、シャワーとか浴びなくてもいい?」

 こんな展開は予想していたので、俺自身はしっかりとシャワーを浴びていたのだが。

「匂い……気になりますか?」

「いや、一緒に浴びようかななんて……」

 俺の計画その一。付き合い始めてから結構たつけど、お風呂場でしたことってないからなあ。これを機にちょっと試してみようかなと。

 しかしさくらは泣きそうな顔で体を擦り付けてくる。

「お願い先輩……私もう……」

 そんなふうに言われたのでは、とりあえず一発やるしかないでしょう。

 俺はズボンを脱ぎ、既に固くなった分身を取り出した。コンドームを装着する間に、

さくらも待ちかねたようにパンツを脱ぐ。見たところ、パンツに敷いたナプキンはすっかり濡れそぼっていた。

 俺は壁を支えにしてさくらを抱え上げると、前戯も何もなく、いきなりさくらのあそこに突きこんだ。

「はあぁ……」

 喉をのけぞらして、さくらが喘ぐ。歓喜の震えが収まった後、片足を俺の腰に回し、位置を調節して動き出す。

「あぁ……あぁ……あぁ……」

 目尻に涙をたたえ、額にきらきらと汗を浮かべて喘ぐさくら。俺も必死で腰を揺すり始める。

「あ……先輩……!」

 キスで舌をむちゃくちゃに吸われた。本当は胸とかも揉みたいんだけど、この体勢では体を支えるのが精一杯だ。かと言って寝転んだりしたら、さくらの服がぐちゃぐちゃになるし。

 服ぐらいは脱ぐ余裕もあったんだろうけど、今となってはあとの祭り。こうなったらさくらは、一度イクまでは絶対に止まらない。

 まあ、すぐにイっちゃうから、それほど大変でもないんだけど。

「あ……先輩……イきます……!」

 思ったそばからさくらは背筋をぴんと伸ばし、体をぶるぶると震えさせた。俺のものをきつく締めつけながらも、微妙にその動きは続いている。

「はい、ちょっと待って」

 俺はさくらの中から、ぬるりと物を抜く。

「いやあん……」

 さくらは体を寄せてねだってくるが、こんなやり方ではあっという間に俺が潰れてしまう。そうなったらさくらも満足できないわけで。

「さくら、ばんざい」

 渋々と手を上げたさくらの服を、ぽすっと脱がさせる。スカートのホックを外そうとすると、さくらも俺のシャツのボタンを外す。

 30秒あまりの早業ですっぽんぽんになると、さくらを抱え上げてベッドに運んだ。

「いくよ」

「はい」

 期待に満ちたさくらに一応の確認を取ってから、俺は分身をさくらの中に進めた。

「……はん……」

 さくらが可愛い声で悶える。だがその動きは可愛いなんてものじゃない。

 吸い尽くそうとするように、激しく複雑に動くさくらの中。

 俺は必死で腰を動かしながらも、さくらの胸をまさぐる。発情期の間は少し膨らんでるみたいだけど、それを置いても最近少しグラマーになった気がする。

「あ……先輩……」

 一分も経たないうちに、さくらは二度目の絶頂を迎えた。俺はまだ余裕があったので、引き続いて激しく腰を使う。

「ああ……もう……」

 声も出ないまま続いて三度目の絶頂を迎えたさくらの中に、俺は薄膜ごしの欲望を吐き出した。

戻る