戻る

「サイス、エレンを返してもらうために舞い戻ってきたぜ。感謝しな」

「ふん、失敗作に用は無いのだが」

「俺の強さは知ってるハズだ。強がりはよせ」

「ツヴァイ、キミは勘違いしているようだ」

「なんだと?」

「考えてもみたまえ。私を殺せばキミの過去は永遠に闇に葬られる事になる。

 それでも構わないと言うのかね?」

「もう過去などいらない。エレンがいてくれればそれでいい」

「はははっ。これはこれは。ファントムが性的な要求に支配されるとはな」

「性的……だと?」

「所詮恋愛など脳内の電気的変化にすぎん。

 ある程度の性的興奮のパルスを恋愛と呼んで尊んでいるだけだ」

「貴様に何が判ると言うんだっ! 俺はエレンを守りたい!」

「そのために己自身が命を落とすとしてもか?」

「この身が砕け散ろうと、エレンだけは守り抜く!」

「そこまで言うのなら仕方あるまい。愛する者の手にかかって死ぬがいい。

 アイン、ゴミを掃除しろ」

「判りました。マスター」

戻る