傷痕(きずあと)

戻る

「あっ……す、すみません……」

 王女ユリーシャが慌てて右手の動きをとめた。

 娼婦として男性器に奉仕する、これを今日、はじめてユリーシャに教えていたのだが、慣れないユリーシャは、うっかり雁に爪をひっかけ一物に傷をつけてしまったのだ。

「…………構わん。そのかわり、お前の口で癒してもらおうか」

「?」

 ユリーシャは不思議そうに小首をかしげ、こちらを見つめる。

 口唇で性器を愛撫する行いなど、想像の外にあったようだ。

 むわっと牡臭が漂う一物に、頬を真っ赤に染めたユリーシャが口を近づけるまで、いくばくか決心の時間が必要だった。

「んむっ……」

 性器へのキス。…もう一度。…さらに、もう一度。

 優しく傷口をいたわる、ほどよい湿った感触が、性器に感じられた。

「舌を使え」

 ユリーシャの小さな舌がちろちろと唇から出、ほどよい感触はそのまま、一物をねぶる。

──愛撫は本格的になっていった。

 鈴口、一物の先の唇に、王女が愛らしい唇をつける。


…ちゅっ


 王女の初めての口づけの相手は、平民であるこのクロードの唇、そして、二度目の口づけの相手は、その一物の唇だ。

 それにしても、この年齢で男の一物に奉仕されられている娘など何人いるだろう。

 まして王女の位にある者が平民に……。クロードは笑みを浮かべた。


 真っ赤な顔で息も荒く懸命に奉仕を続けるユリーシャに、クロードは、容赦なく行為を続けさせた。幼さゆえの恐いもの知らずか、ユリーシャは繊細な短髪を振り乱し、口での、下品なほど激しい抽送を繰り返す。


…じゅっじゅっじゅっじゅっじゅっ……

「うむふっ」


クロードが手を伸ばすと、小さな女性器が、触られてもいないのに蜜を湛(たた)えていた。

「フフ……。奉仕するだけで感じることを覚えたか。淫売め」

ぐすっ、と可愛い淫売が鼻をすする。

今日一日で、王女ユリーシャの小さな唇を、小鳥のような愛らしい声を出すためだけのものでなく、『顔に付いたもうひとつの性器』にしてしまったのだ。

 そろそろ、仕上げの時間だ。

「これから、お前の口の中に精を放つことにする。すべて飲み込め」

涙をいっぱいにたたえた目でこちらを見上げ、ユリーシャはうなずく。一物を唇に咥えたまま。口中で、白い爆発が起こった。


ドクッ、ドクッ……


 呻き声をあげることも出来ず、こくっこくっと喉を鳴らして必死に嚥下するユリーシャ。

 顔が真っ赤だ。目も堅く閉じている。

 今、生まれてからこれまでで、いちばん恥ずかしいことを行っている……

 言葉はなくとも、表情が、王女の心中を表してあまりあった。


「おちんちん、ごちそうさまでした。クロードさま」

 口の端から白いものを垂らしたまま見上げるユリーシャに、教えたセリフを言わせ、今日の調教は終わった。

爪で付けられたきずあとも、もう血は止まっていた。





「あら………」

エレーヌが美しい眉根をくもらせた。

ベッドに腰掛けたクロードの股間の前に、

奴隷のようにひざまずいたところ、

男性器に小さな赤いきずあとを発見したのである。

(ユリーシャ…ね?)

今日の午前をクロードはユリーシャの教育にあてていたはずだ。

前の晩は自分の番。そして夜半になった今また、自分が教育を受けているのだから、

自然、その傷の原因が誰なのかは想像がつく。


「…………」

処女だった娘が、淫らな教育をうけて、娼婦として使われている。

それは、エレーヌの心を重くする現実である。

(自分がもっとよい働きをしていれば──)

実際は、王妃としての自分をすべて捨てて、献身的に娼婦として

勤め上げているのだが、エレーヌにその思いは拭い去りがたい。

(もう遅い)(取り返しが付かない…)

ということも、わかってはいるのだが……。


ぴちゅっ

ぴちゃっ!


「ふ……」

ひざまずいたまま、エレーヌはクロードの一物に奉仕をはじめた。

ピンク色をした美しい舌を、肉の棒に優しく何度も何度もこすりつける。

唾液で傷を塗り込めようというように。

クロードの口の端が歪む。

そういう、母としてのエレーヌの心の動きが、

クロードには手に取るようにわかった。

しかも、哀しいことにエレーヌにできることは、実の娘と同じ男、

その一物に、同じように口腔で奉仕することしかないのである。

哀れな母をひざまずかせて、クロードは笑んだ。


性器の鈴口に、艶(つや)っぽい唇が口づける。

娘たちにする親愛のキスならいざしらず、エレーヌが口づけまで許した相手、

それは、夫、ドトール王に次いではこのクロードが初めてだろう。

(そして、性器への口づけもな…)

やわらかくなよなよと舌が鈴口を割って入り、

たまらないむず痒さと快感が性器にはしる。思わず、震えた。

エレーヌと一物との、ディープ・キス、というところか。

戯れた思い付きにクロードはかすかに含み笑いをすると、言った。

「乳房を持ち上げろ」

いつものように乳房ではさませるのだろう、とエレーヌは思ったようだが、違った。乳首で、一物の鈴口と裏筋を、擦らされたのだ。

みっともないほど勃起した乳首と、パンパンにふくらんだ亀頭が、いやらしく絡み合う。

鈴口と裏筋を軟らかい乳首の先が通過するたび、電気のようにクロードの先を快感がつらぬく。

 しかしクロードは耐え、それをおくびにも表情に出さない。

「あんっ、ううっ!」

逆に、先端の快楽に耐えられず声を漏らすのは、エレーヌの役割となった。

 今度は、ふたつの乳首で一物を挟まされ、それで一物全体を擦らされる。

 すべすべとした突起の感触が、絶え間なくクロードを上下に刺激する。

「あふっっ…あ、ふっ……」

 乳首の快感と、あさましい自分の姿が、エレーヌを昂ぶらせる。

(何を……しているのだろう。私は……)

 王妃たる自分が。しかも、実の娘と同じ男の一物相手に。

(すべては国のため、カルネアのため…………うッッッッ!!!)

 クロードが、いきなり、足の親指を股間の割れ目に押し入らせた。

「あッあッあッあッ」

「濡れているぞ……フフ」

「や……やめ」

 クロードの指の動きは止まらない。

 たまらない刺激に、たちまち息は荒くなり、血が頭に昇る。

 腰が、指の動きにあわせて前後に動きはじめる。

(ああ………私は淫売……?淫蕩の血が流れているの?この、身体には…ッ)

くちゅくちゅという股間の音。気が付くと、エレーヌは乳首で一物を擦り上げながら、亀頭を夢中で唇で咥えていた。

「ん……ん……む……む……!」

「そろそろ精を放つぞ。すべて飲んでもらう。その前に……」

「ふ……ふあいっ」

クロードは思う様エレーヌの口中に精を放つと、飲み込ませず一度口を開けさせた。紅潮した王妃の美しい顔、しかしその中心、口中は白い液だまりとなってしまっている……。

 顎を掴んで、むりやり鏡に顔を向けさせると、エレーヌの頬を涙が一しずく、伝った。

 そしてゴクン、とようやくすべて飲み込ませ、舌で一物を清めさせる。挨拶を言わせた。

「おちんちん、ごちそうさまでした。クロード様…」




全裸にさせた王女ティアリスに、自分で自分の両足首を、ベッドの柱に縛らせる。 
自分の手で、というのが必要なことだ。 
王女自ら、隷属者として自分を縛らせるのだ。 

後ろ手に手首も縛ってやる。 
顔しか動かせなくなったところで、クロードは、股間に王女の顔を導いた。 
頬を染めながら、もぞもぞと一物を唇で咥えようとする王女。 
「………?」 
男性器に、小さな傷を発見した。 
もう治りかけで、すこし濃いピンク色になっている線を確認できるだけだが。 
(…………) 
それがすこしティアリスを戸惑わせる。 
自分以外の、クロードと性交している女の存在を感じさせるから、だ。 
母と、いもうと。 
自分だけがクロードと情を通じたのなら、ある意味、それは、 
彼女の本望だったかもしれない。 
(両手足を縛られて口唇での奉仕をさせられる、という異常な状態ではあるが…) 
しかし、母娘三人で、同じ平民の男のちんぽをしゃぶり会う 
自分達は、なんなのだろう……。 

れろ…… 

疑問を感じる前に、しゃぶる。 
柔らかくきつく唇でしめつけ、微妙に舌を押し付けて裏筋を擦りたくる。 
どう?私、うまくなったでしょう…… 
とでも言うように。 
……他の女(ひと)のことは、忘れて 
とでも言うように。 
いもうと、母の唇に愛され、自分の番に巡ってきたちんぽを。 

そんなティアリスの奉仕を見下ろしつつ、クロードは笑みを浮かべる。 
場末の娼婦もがの一物にしたようなことを、いま、この国でもっとも高貴な 
三人の淑女にさせているのだから。 
くすぐるように、鈴口をすぼめた唇の先で愛撫するティアリス。 
つづいて深く深く飲み込むと、喉の奥で雁をぎゅっと圧迫する。 
拘束された身体で、口と頭部だけを動かしての、奉仕……。 
クロードは、母と妹にしたように、足の親指をティアリスの股座に滑らせる。 
「むぐ……う、きゅぅぅん……」 
過敏に反応し、思わず子犬のような声で鳴くティアリス。 
女性器は、やはり、蜜を滴らせていた。 
(母、妹とそっくり同じだな) 
ククッと喉の奥で笑ったクロードの思いは、 
咥えたままいぶかしげな目線を送るティアリスには、わからない。 
ちゅっちゅっちゅっちゅっ…… 
規則的で速い、水っぽい音のリズムが部屋に響く。 
ティアリスの唇での抽送が続いている。 
(だしてクロード……口に、でいいから。わたしの中に……) 
クロードの足指は女性器に当たったままだ。それを使って、自分で腰を動かして 
オナニーしろ、とクロードは命じた。ティアリスはそれにも従っている。 
痺れるような下半身の快楽。 
そして、奉仕させられている上半身の唇にすら、被虐の快感が走る。 
顎を掴まれて、無理に顔を鏡に向けられた。 
嫌でも、一物を咥えた自分の唇が見える。 
(い……、いやらし………すぎる……) 
唾液でぐちょぐちょに濡れ、男性器に犯され続ける、そこ。 
「お前の美しい唇も、すっかり性器に変わってしまったな……」 
他人事のように言うクロードに、しかしティアリスは 
涙を浮かべながら「ふぁい…」と素直に認めるしかなかった。 

ちゅるん!と、一物がティアリスの口から引き抜かれる。 
「……?」 
「淫乱な王女様。ご褒美に、もうひとつお前に、性器を増やしてやろう」 
傍らから瓶を取ると、クロードは手のひらにローションを落とし、 
ティアリスの頬に塗りたくった。 
「な、なに……?クロード……!」 
また顎を掴まれる。正面からクロードの瞳と向き合わされた。 
王女の喉が鳴る。 
「ほんとうに美しいな、お前は……」 
「…………」 
頬が熱くなった。 
「その美しい顔で、俺の一物をしごかせてもらう」 
「……!」 
「今日からのお前は、顔も、性器だ。男の一物に奉仕するためのな。 
奇麗なドレスを着ていようが、貴族や国民の前を、颯爽と歩いていようが、 
男の一物をしごく為の器官をいつも丸出しにして歩いている。そうなるわけだ」 
「いやあああぁぁぁっっ!!!」 
ティアリスは逃げようとして暴れたが、四肢は縛られており、徒労に終わった。 
そもそも、自分で縛ったのだ……。 

ぴと、っと一物を顔に押し付けられる。 
「…うぅ……」 
鏡に映る自分のその姿が涙で滲んだ。 
なんの抵抗もできないまま、頭を両手で押さえられ、 
一物は顔の上でスムーズに滑り始める。 
シュッ、シュッ、シュッ、シュッ…。 
犯されている。自分の顔が、男の一物に……。 
「ああぁ……」 
惨めだ。あまりにも。同世代でこんな卑猥なことを行われている 
女がいるだろうか?しかも、自分は王女なのだ。 
昨夜より妹から母へ、そして姉へ、女の口から口を渡り歩いてきた一物。 
その最後、王女ティアリスに、最も惨めな行為が待っていたのだった。 
ローションの助けを借り、クロードは激しく彼女の顔を擦り続ける。 
「一番気位が高く、自尊心の強いお前にこれを覚えさせたかった…」 
「うっ……、うっ」 
「お前がこんなことをできると知れば、客はもっと喜ぶ。国民の為だ」 
「でも…でもあんまりだわ、クロー…ド……。顔を性器にだなん…て」 
「フフ……ほんとうに、嫌なのか?」 
「えっ…?」 
亀頭がやわらかく顔の上を往復し続けている。 
クロードの左手が、美しい金髪を優しく撫で上げた。 
「もっと堕ちろ、ティアリス……。お前は、我知らずそれを望んでいるはずだ。 
最も高貴でありながら、娼婦としての才溢れる女……。それがお前、なはずだ…」 
「あぁ…………」 
「堕ちるのだ……淫婦の中の淫婦として……。そして、男の精に塗れながら 
さらに美しくなるがいい……」 
「あぅ、あぁ…………!」 
陰部がむず痒くなった。(嘘……か、感じてる?) 
思わず腰をよじる。(駄目……) 
自分の指で、自分の身体を慰めろ──。 
顔を性処理道具として委ねた、そのままで。 
手首の縄をほどかれ、クロードの命令にティアリスは従った。 
乳首をねじる左手指は汗で湿り、クリトリスをなぶる右手指には、 
止めど無く女蜜が絡みつき続ける。 
この上なく惨めな行為をさせられている。 
そして、その惨めさに興奮している自分を、 
ティアリスはもう認めないわけにはいかなかった。 
「あぁっ!うっ、うっ、うぅン、うン、ぐふぅ…」 
(変態……変態だわ、こんなことで感じてしまう私……ああ) 
だが、快楽は顔の上の一往復ごとに甘くティアリスを痺れさせて止まらないのだ。 
ジュッ、ジュッ、ジュプッ!ジュッ、グチュッ… 
ちょうど唇の前を往復する袋も、唇で挟み、また、舌で嘗め回して愛撫する。 
「ぐ……いいぞ、ティアリス」 
堕ちてゆく……。 
だが、そんな自分をティアリスは止められない。 
もとより、この身を託すとクロードに誓ったあの夜、 
あの時からすでに自分は引き返せない道に降り下ってゆく 
運命(さだめ)だったのだろう。この隻眼の男に導かれて…… 
堕ちていく……。でも、気持ちいい。 
一種の爽快さすら、堕ちゆく我が身に感じる。 
(こんな姿、人に見られたら最期ね) 
そんな想像が、美しい裸身をぶるっと震わせた。 
「姉様、すごい……」 
ふらっ、と……、 
部屋の調度の物陰から、ユリーシャが現れた。 
「…………」(えっ) 
一瞬、何が起こったのかわからず、ティアリスはぼうっとした。 
頭が真っ白になる、というのはこういうのを言うのだろうか──。 
「あッ………。い、いや!嫌ぁぁ〜〜〜〜〜〜〜〜!!!」 

いきなり目の前に現れたユリーシャは、さきほどまでの姉と同じように 
全裸で後ろ手に縛られていた。 
性的に興奮しているらしいのも、瞳の潤みと、股間から流れ落ちる 
ひと雫の女蜜で、あきらかだった。 
驚愕のまま目線をあげてクロードを見る。 
一物の往復は続けたまま、クロードは口の端を歪め、ユリーシャを手招いていた。 
彼の手引きに相違なかった。 
「うぅ……嫌ぁぁ……」 
最初から、すべて妹にも見られていたということなのか。 
懸命にしたフェラチオも、顔でちんぽをしごかれて興奮し、オナニーした所も。 
「姉様、すごいです……。わたしなんか、昨日初めてクロードのものを 
口で慰めたばかりなのに。こんな、ことまで……」 
「いや、やめて!言わないで……ユリーシャ……」 
「指を止めるな!!続けろ!ティアリス……!」 
いきなりの怒号に、ぴく、っと姉妹の身体が跳ねた。 
「もうすぐ、お前の顔に発射する。最後まで己を慰め続け、淫婦を演じるのだ。 
妹の前でもな。それが今日のお前の試練だ……」 
「は、はい……」 
「男をしらけさせるな。いつまでたっても、調教が終わらんことになるぞ」 
「うう………はいっ」 
行為は、続行された。 
一組のつがいの破廉恥な行為を、まじまじと見つめるユリーシャ。 
クロードにしか見せたことのなかった自慰を、妹にも見られている……。 
「あぅぅん、あう、あう」 
また一皮、自分の殻を向かれ裸にされてしまうような恐ろしさ。 
だが……。 
そんなことですら快楽を高められてしまう、自分……。 
(淫乱。淫婦。変態。生まれついての娼婦) 
自分を責める言葉が滝のようにあふれ出、それがそのまま 
女蜜となってヴァギナから流れ落ちていくような、そんな感じだった。 
クロードも、いまや息を荒くし、一気に一物の往復を速めている。 
フィニッシュは近そうだ。 
だが、今のティアリスは、そのクロードより早くイってしまいそうなほど 
興奮しているのだ──。 
「そろそろ、イくぞ」 
「ああ、私も、私も、イキそう……」 
どぷっ!!! 
「あッッッ…!!!!」 
容赦なく一物は爆(は)ぜ、ティアリスは思わず声をあげた。 
びちゃっ、びちゃっと、美しい顔に、流れるような金髪に、 
白濁液が遠慮なしに降り注ぐ。目も開けていられない。 
「あっあっあっあっあっ」 
「惨めだぞ…………!ティアリス……!」 
「うああぁ──────っ!!!!」 
その言葉が、指の最後の一掻きを呼び、ティアリスは 
裸身をぶるぶると震わせてイった──。 

「おちんちん、ごちそうさまでした。クロード…様」 
ティアリスも同じことを言わされた。 
そして、口に流れ込んだ精液は飲み下させられ、妹とふたりで 
舌を使い尿導口を吸い、クロードの一物を清めたのだった……。 



* * * * * * * 

「クロード、この格好でいいのですか?私が姉様の上で……」 
「ああ、クロード、どこまで私たちを……。私たちを、地獄まで堕とさないと 
気が済まないの……?」 
「こういう事を見るのを好む客もいるし、女の客もいる。 
すべては国の為、民の為だ。選り好みの許される立場だと思っているのか?」 
全裸の姉妹は、クロードの指示に従い、 
頭と足を互い違いにして折り重なっている。 
自分の肌にぴったり密着した妹のさらさらの感触の腹や、自分の腰の所で 
潰れている小さな胸、ふたつの蕾の感触が、温かく、心地よく、そして、恐ろしい。 
「でも……でも、妹と……。 
女同志で、しかも姉妹でするなんて、本当に変態じゃない!」 
「まだ覚悟がお決まりにならないか。ユリーシャはとうに納得しているようだが?」 
「えっ?」 
「姉様、ごめんなさい……。クロードと姉様のを見ていたら、 
もう我慢ができないの……」 
幼い舌があっさりと禁断の障壁を乗り越え、 
ティアリスは性器とこころに二重の衝撃を受けた。 
「うぁっ!?」 
「いやらしい妹でごめんなさい……。でも、ユリーシャもいろいろなことを 
覚えたの……!」 
れろ…れろ…れろ……。舌がティアリスの性器を這い回り、姉王女は立て続けに 
妹に裸身を痙攣させられ、声をあげさせられるはめになった。 
「あはぁっ!うん、うん、うぅん、あんッ……!」 
目の前に、自分と同じ男、同じ一物に開かれたばかりの、つつましく花開いた 
性器がある。後戻りできる道はなさそうだった。 
人間としての階段を、また一段降りる覚悟を決めると、王女は 
少女の鮮やかな薫りがむんと香る場所へ、口を近づけていった── 

クロードはすべてを見届けている。 
実は、母、エレーヌも、ふたりに知らせずこの部屋に潜ませているのだ──。 
やはり全裸にさせて後ろ手に縛り、さらには器具で口も封じて。 
姉妹が初めて互いの舌と指で達したら、母エレーヌも連れ出す。 
今度は三人を口と性器で連結させ、性交させる。 
最後に、男の一物を三人同時で奉仕させる。 
(私たちを、地獄まで堕とさないと気が済まないの……?) 
そうだ。 
地獄の、底の底までな──。 
先導はこの俺が責任を持ってやる。 
ティアリス──。 

                             (終わり) 

戻る