■戻る■

============プリンセスワルツ 風呂編============

489 名前: プリンセスワルツ風呂編1 2006/03/18(土) 13:44:42 ID:WFGf1eNm0
「いてててて・・・。相変わらず姉ちゃんは強すぎるぜ・・・。
いくら年上だからって、女だろ・・・。」

 道場での練習を終え、帰宅した新。
練習を終え、帰宅し、風呂に入って汗を流した後、食事にする。
これが新の日常だ。

「男で、しかも練習を積んでいる俺が、一体なんで・・・。」

  ガラッ・・・。

「まあ、俺も上達しているのは間違いないし、近いうちには俺が・・・?」
「・・・・・。」

http://www.pulltop.com/gp05/img/cg/08.jpg

「へ?」
「・・・・・う・」

(マズい!!)

「うわ・モゴモゴ・・・!!」

490 名前: プリンセスワルツ風呂編2 2006/03/18(土) 13:46:15 ID:WFGf1eNm0
 男としての本能か、それとも格闘家としての勘か?
相手が悲鳴を上げる直感した新は、即座にクリスの口を塞いでそれを阻止する。

「モゴモゴ・・ンンン・・モガガガ!!」

 なおも抵抗するクリス。

(な、なんでここにクリスが?と、とにかくここは・・・。)

 すばやく背後を取り、絡め手を極めて相手の動きを封じる。
さすがは練習を積んでいるだけのことはある。恐るべき早業だ。

「モガガガガガガガガ!!」
「ク、クリス。ま、まずは落ち着け!!」
「モガ・・・・・。」

 どうやら、ひとまず落ち着いたようだ。とりあえずは大丈夫だろう。
塞いでいた口を解放して、現状の把握に努める。

「な、なんでお前がのんびり俺の家の風呂に入ってるんだ!?」
「ぼ、僕だって好きでここにいるんじゃない。」
「じゃあ、なんで?」
「成り行きだ。仕方なかったんだ!!」

(どんな成り行きだよ!!まあ、どうせいつもと同じように、
他の王女の誰かとトラブルを起こして、結果的にこうなったって感じか。)

「と、とにかく、新!!その手を離して、ここから出ろ!!」
「あ、ああ、すまない。この話はまた明日・・」
「ただいまー。」

    !!!!!

491 名前: プリンセスワルツ風呂編3 2006/03/18(土) 13:46:48 ID:WFGf1eNm0
「だ、誰だ?」
「しまった。姉ちゃんが帰ってきたんだ・・・。」

「ただいまー。」
「お、おかえり、姉ちゃん!!」
「なんだ、まだ入ってたのか。ん?何を慌てているんだ?」
「べ、別に慌ててなんかないぜ・・。」
「まあいい。私も風呂に入りたい。食事の準備をしているから、早く出てくれよ。」

(さすがは姉ちゃん。鋭い・・・。)

「ど、どうするんだ!?」
「(大きな声を出すな!!)」
「(う・・・。)」
「(今俺が出たら、すぐに姉ちゃんが入ってくる。)」
「(それはマズい。早く僕を逃がせ!!)」
「(どうやって?)」
「(ここはお前の家だろ!何とかしろ!!)」
「(何とかって言われても、お姉ちゃんがそこにいる限りは無理だ。)」
「(そこを何とかするんだ!!)」
「(わ、分かった・・。とりあえず、落ち着いて作戦を練ろう。)」

■戻る■