■戻る■

ホモネタ苦手な香具師はあぼ〜ん汁

ホモネタ苦手な香具師はあぼ〜ん汁@ぶらばん!投稿日:2006/07/02(日) 10:35:16 ID:FilK1uo80
「……ねぇ、起きて……ジュン君……」
耳元に響く声に、俺はそっと目を細めた。
(……)
声の主は……健太郎だった。
俺の知らない間に、どこで特訓したのだろうか。
耳元で響く彼の声は、俺の寝ぼけた頭には、愛しい妙と紛うほどによく似ていて……
「もしかして、お目覚めのチューが欲しい? しょうがないなぁ〜」
俺の心を狂おしくかき乱す、健太郎の湿った声。
頭では健太郎の声だって、わかっているはずなのに……
そんな声で艶めかしく囁かれると、俺も……我慢がきかなくて……
「……妙……」
「!!?」
俺はそっと、俺の視界を覆う健太郎の首筋に手を伸ばした。
もう……何も考えられない。
何も……考えたくない。
今はただ……目前の熱き誘惑を……全て、俺のものにしたい……!

「ちょwww純wwwwwwまじwwwwwタンマwwwwwwwwwwww」
「好きだよ……妙……世界の誰よりも、ずっと……」
「だからもちつけ純wwwww相手俺だってwwwwwwwwア! アアアアアアッーーーーーー!!!!!」
ガシャン!
「ちょ……ジュン君……健太郎君……何やってるの?」
「ふむちゅ……じゅる……っ、妙……はむ……んちゅ……」
「……(lll゚ρ゚)ピクピク」
「あ……あぁ……いやぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁっ!!!!」

こうして、俺と健太郎はめでたく結ばれましたとさ。
めでたしめでたし。

−BADEND
■戻る■