■戻る■

『かげぼうし』

284 :家族計画SS『かげぼうし』-Prologue :04/09/18 18:01:48 ID:G4CmJ+ON
 
 夏。蝉が鳴き、線路が焼け、陽光が踊る季節。
 緑は眩しさの中で木漏れ日を作り、林道を走る子供達に万華鏡のような風景を恵む。
 見上げればそこに蒼の清艶さと白の雄大さ。何もかもが美しく在った。
 しかし、景色は時と共に色褪せる。
 学び舎は虚空。帰る場所は虎穴。その狭間を過ごす、学校の屋上。
 そこは特等席だった。いや……隔離所や独房と言った方が適切なのかもしれない。
 たった一人世界から孤立したかのような錯覚を味わえる場所。
 罪を犯した訳じゃない。生まれた事が罪などと思った事もない。
 けれど、いつもこの場所にいる。
 そして今日も――――

 ………
 ………………
 ………………………………


285 :家族計画SS『かげぼうし』-1 :04/09/18 18:02:30 ID:G4CmJ+ON
「……」

 暗闇に光が混ざり、波紋のように広がっていく。
 そう感じた瞬間、空気の感触と鼓膜が揺れる実感とが微量に湧いてきた。

「あ……」

 聞き覚えのある声が耳に入る。まだ起きたばかりの意識は瞬発力に欠けていて、
 物事を把握する速度が遅い。誰の声かも、今自分がどういう状態なのかさえもわかってない。
 寝ていたのだろうか?
 昔の映像が影灯籠のように映し出されていたような気がする。あれは――――夢?

 ……わからない。

 曖昧な脳内をゆっくりと活性化させながら、ふと目を開け――――同時に自分が
 目を瞑っていた事を自覚した。やはり寝ていたようだ。
 静かに息を吐く。そしてぼやけた視界を整準させ、網膜に映る像を視神経を通して
 後頭葉の視覚中枢に伝達した。

 ――――見えたのは、空。何処までも深く、それでいて淡い一面の蒼と白。
 そして鼻腔をくすぐる芝草の匂い。ここは……そうだ、河原の芝生の上。
 末莉を連れて散歩に出たついでに寄ったんだっけ。

「んーっ」

 上体を起こす。視線が90度の弧を描いて風景を回す。
 そして声のした方に顔を向けると、末莉の姿に照準が合った。
 頭には俺の渡した帽子。視線に気付くと、末莉はニッコリと微笑を浮かべた。

286 :家族計画SS『かげぼうし』-2 :04/09/18 18:03:20 ID:G4CmJ+ON
「……あー」

 今度はハッキリ把握できたその声に間延びした返事をする。と同時に、身体の
 全感覚が完全に目を覚ました。寝汗をかいたらしく、背中の辺りが少し冷たい。
 帰ったら風呂にでも入るか。二十歳の男が外で昼寝して寝冷えした挙句風邪……なんて
 シャレにならんからな。

 ――――なんて事を考えていた所為でもないだろうが。

 突然、少し強めの風が河原に迷い込んできた。

「っ……と」

 末莉は慌てて帽子を押さえる。そこまでするほどの強風ではないんだが、
 宝物を守る用心さでそれに抗っていた。
 どうやら大事に思ってくれているようだ。あげた方としては悪い気はしない。

 風が止み、末莉はホッとした顔で俺を見やる。と同時に俺の視線が帽子へ向いてる
 事に気付いたらしい。はにかみながら笑い、おずおずと問いかけてきた。

「あの、これ……わたしに似合ってるでしょうか?」

「ん……」

 少し言葉を濁す。何故か本心を言うのが気恥ずかしかった。

「あはっ」

 末莉はどうやら肯定と受け取ったらしい。帽子を脱いだり被ったり、
 まるで玩具を与えられた子供のようにはしゃいでいる。
 ……ま、いいけど。

287 :家族計画SS『かげぼうし』-3 :04/09/18 18:04:20 ID:G4CmJ+ON
「ところで、前から聞きたかったんですけど……この帽子、
 いつごろご購入なされたんですか?」

「……」

 質問の意図がいまいちわからず、目でそれを伝える。アイコンタクトとか言う奴だ。

「うあっ、すいませんもう聞きませんお許しをっ」

 受信相手はガンを飛ばされていると受け取ったらしい。

「いや、全然怒ってないからいちいち謝るな。ちなみに買った訳じゃない。
 こういう帽子、普通男は買わないだろ」

「はあ、そういうものなんですか……?」

「……それは貰い物だ。中学時代の先生からの」

「先生から……ですか? であれば、とても大事な物なのでは……」

「いや、いいんだ。もう俺が使う事もないからな」

 と言っても、使った事はほとんどないんだが。

「どのような先生だったのですか?」

「んー……そうだな、静かな先生だったよ。中三の時の担任で、現国を教えてた。
 50過ぎた女の人で、怒った事は一回も無かったな」

288 :家族計画SS『かげぼうし』-4 :04/09/18 18:05:01 ID:G4CmJ+ON
「へえ……」

 末莉は興味深げに俺の話を聞いている。そんなに関心を引くような話でも
 ないと思うんだがな……。

「ま、俺が出会った中じゃ唯一いい先生だったよ。ちょっと白髪交じりで、目が細くて、
 結構痩せてたっけ。いつも笑顔を浮かべてたな」

 半分独り言のような感覚で呟きながら、空を仰ぐ。
 そうだ……あの日の空もこんな色だった。

「先生は俺が家庭の事情とかで捻くれていくのを心配してくれて……
 いつも俺の事を気にかけてくれてたな。その帽子を貰った日も――――」

 太陽のある方に目をやる。すぐ傍にあった薄い雲がちょうど間に割って入ろうとしていた。

「今日みたいな、暑い日だった」

「……」

 末莉は黙っていた。
 それは多分、俺がそうさせてるんだろう。懐古の念に囚われた所為か、
 妙にしんみりした雰囲気になってしまった。

「……ま、そんなとこだ」

 適当に話を締める。こんな陽気にわざわざ空気を重くする事もあるまい。

289 :家族計画SS『かげぼうし』-5 :04/09/18 18:05:47 ID:G4CmJ+ON
「素敵な先生だったんですねー」

「ああ」

 躊躇なくそう言える。

「……ちょっとうらやましいです」

「お前の学校にはいないのか? いい先生」

「今の担任の先生は、HRを三回に一回の割合でサボります。
 去年の先生は、たまに私を視聴覚室に呼び出して……」

「……職員室じゃないのか?」

「はい。そして私の写真を何枚も取っておられました。
 たまに体育着を着て来いとか不可解な事も言われたり」

「……」

 おいおい、そこまで病んでるのか現在の教育機関は。

「……一応確認しとくけど、変な事はされてないだろうな?」

「あ、それは大丈夫です。ただその先生は去年限りで退職されました」

 世の中に悪は栄えているものの、淘汰する動きが消えた訳でもないらしい。
 何となくホッとする。

290 :家族計画SS『かげぼうし』-6 :04/09/18 18:06:38 ID:G4CmJ+ON
「さてと、それじゃそろそろ帰るか。ちょっと長居し過ぎたな……原因は俺だけど」

「司さんの寝顔、可愛かったです」

「……」

「うあっすいません! そんな怖い目で見ないでください〜」

 今度はれっきとした眼力の行使で黙らせる。
 しかし我ながら無防備だったな……引き締めんと。

「……」

 ……けど、なんとなくこのままでいい気もした。
 少し前までは人間不信とまでは言わないが、他人、或いは形式的には家族と呼ばれる
 人間でさえ、俺にとっては忌避すべき存在……嫌いなものだった。
 けど、今は……。

「……違うのですね?」

「はい、多分」

 ……? 

 思わず答えたその言葉にも、投げかけられた言葉にも疑問が生じる。
 末莉、お前……そう紡ごうとした言葉は音にはならない。
 空では雲が太陽を覆っており、麦藁帽子が影に染まっている。
 俺はその帽子を被った『彼女』をただ呆然と見つめていた。

「そうですか。なによりです」

 彼女は優しく微笑んだ――――いつもそうであったように。

291 :家族計画SS『かげぼうし』-7 :04/09/18 18:09:08 ID:YIs/4DHU
「では、ごきげんよう」

 え……?

 刹那。
 雲に覆われていた太陽が姿を現す。
 遮られた光が眩しさと共に視界の輪郭を一瞬だけ奪った。

「……司さん?」

 その声は、末莉のそれだった。

「……」

 不可思議なものを見るように、俺は目の前の少女をまじまじと見つめる。
 何もおかしなところはない。何も……。

「きゃーんっ!? そ、そんなっ、そんなにわたしに寝顔を見られた事が
 屈辱だったのでしょうかっ!? 申し訳ございませーんっ!」

 小娘は何故か取り乱していた。

「おい、何を訳のわからない事言ってる」

「し、しからずんばっ、その……」

 然らずんばの用法が間違ってるぞと指摘しようとした瞬間。

 ス――――
 
 目の下に熱い感触が伸びていった。

292 :家族計画SS『かげぼうし』-8 :04/09/18 18:10:16 ID:YIs/4DHU
「え……?」

 これは……涙?
 慌てて頬に手をやる。確かに一滴、涙が頬を伝った跡が確認できた。
 どうして――――欠伸をした訳でもないし、涙腺を刺激するような出来事は
 何一つないのに。

「……」

 もしかして、過去の事を思い出した事でセンチメンタルに?
 ……馬鹿な。そこまで感傷的なものでもないというのに。
 きっと無意識の内に欠伸が出てたんだろう。そう思う事にした。
 ただ、思い返した過去の一ページが心に残ったまま、妙な感情に囚われていたのは
 事実だった。既視感にも似た記憶の連鎖。

 もし――――あの日の未来が今日だとしたら。 

「……本当だったって事か」

「ふえ?」

「ああ、いや。何でもない。ちょっと欠伸が出ただけだ」

「欠伸……ですか」

 末莉はホッとしたような、何か納得できないような複雑な顔でそう呟いた。

293 :家族計画SS『かげぼうし』-9 :04/09/18 18:11:12 ID:YIs/4DHU
「じゃ、今度こそ帰るぞ」

「あ、待ってくださーいっ」

 先生があの日言った事。それは俺にとって半信半疑だった。
 そんな簡単にいく筈はないと。
 実際、俺は苦労した。毎日が苦闘の連続で息つく暇も無い。
 でも昔とは違う。少なくとも空虚ではない。そう思える事が何よりも違う。
 そう導いてくれたのは、もしかしたら――――

「ありがとう……ございました」

「はい?」

「いや、お前に言った訳じゃない。気にするな」

「でも、わたしの方を見て」

「ま……な」

「……?」

 訝しげな顔をしながらも歩き出す末莉に続きながら、俺は少しだけ大きく息を吐いた。

 今度母校に顔を出してみるか。
 先生がまだいるかどうか定かじゃないが、連絡ぐらいは取れるだろう。
 やっぱり礼は直に言わないとな。
 近況を報告した時、先生はどういう顔をするだろうか。
 落胆? 叱咤激励?
 いや、きっと微笑んでくれる。そんな気がする。
 いつもそうだったから。
 ……そんな事を考えながら、家路に着いた。

294 :家族計画SS『かげぼうし』-10 :04/09/18 18:12:39 ID:YIs/4DHU


 

 それから暫く経ったある日――――
 





                      俺は先生の訃報を知った。



295 :家族計画SS『かげぼうし』-Epilogue :04/09/18 18:14:29 ID:YIs/4DHU
 ………………………………
 ………………
 ………
 
 一学期の終業式が終わり、HRも終わり、子供達は皆開放感と期待感で胸を躍らせる。
 教室ではこれから訪れる夏休みのスケジュールを肴に楽しく談笑してるだろう。
 でも俺は、いつものようにここに――――屋上にいる。
 当然だ。息子の通知表に一喜一憂する親も、
 一緒に遊ぶ計画を立てる友人も……俺にはいないのだから。
 今日はいつもと同じ一日。だから俺はここにいる。

「……あらあら」

 背後からのその声に、突然であるにも拘らず俺は微塵も驚きを覚えなかった。
 先生の声だったからだ。

「こんな暑い日にここで寝そべってはいけませんよ。日射病になりますから」

 俺がこの先生に心を許しているのは、多分間違いない。
 それでもこのお節介には少しだけ辟易していた。

「大丈夫です」

「……ふふ」

 先生は穏やかに笑う。

296 :家族計画SS『かげぼうし』-Epilogue :04/09/18 18:15:10 ID:YIs/4DHU
「沢村君は、夏休みに何か予定はあるんですか?」

「いえ、何もないです」

「そうですか」

 同情も揶揄もない。ただ優しいだけの旋律が耳に心地いい。

「……暑いですね」

 そう呟きながら、先生は遥か上空を見上げた。

「沢村君、夏は好きですか?」

「え……?」

「私は日光と相性が悪いようでして、子供の頃はよく日射病で倒れたりしました。
 だから夏は嫌いでした」

 まるで語り部のようにそう呟く。俺はそれをじっと聞いていた。

「けれど、それは間違いでした。そう気付かせてくれたのは、これです」

 その言葉と同時に、俺の顔に何かが被さる。
 顔よりもちょっと大きいそれを手に取って視界に納めてみると――――麦藁帽子だった。

297 :家族計画SS『かげぼうし』-Epilogue :04/09/18 18:16:47 ID:YIs/4DHU
「沢村君。嫌いなものと言うのは、ほんの些細な何かを得るだけで
 案外そうでもなくなるものです。私にとっての、その帽子のように」

「……」

 帽子を見る。少し古そうだが汚れたりはしていない。大事に使っていたのだろう。

「それは貴方に差し上げます。日射病予防に強い味方ですよ。私が保証します」

「……麦藁帽子を被るような歳でもないですけど」

「ふふ……そうですか」 

 先生はいつもそうであるように、優しげに微笑んでいた。

「では、ごきげんよう」

「あっ」

 踵を返した先生を呼び止める。

「あの、帽子……ありがとうございます」

 先生は微笑みのまま微かに頷いて、屋上を後にした。
 それを見送りながら、俺は貰った帽子をかぶってみる。
 暖かい感触が頭を覆い、暖かな気持ちになった。
 足元では俺の影法師がほんの少しだけ伸びている。
 それはきっと――――先生がくれた、未来への架け橋。

298 :家族計画SS『かげぼうし』-Epilogue :04/09/18 18:17:27 ID:YIs/4DHU
「ありがとう……ございました」

 果たして言葉は何処まで届くのだろうか。
 先生がくれた未来まで辿り付いて欲しい。そう願いながら目を瞑った。



 
 夏。燕が飛び交い、水飛沫が舞い、子供達が笑い合う季節。

 青は境界線の下で疎らに散らばり、帰り道を走る子供達に躍動する未来を恵む。

 耳を澄ませばそこに蝉時雨の儚さと夏風の清爽さ。何もかもが刹那の中に在った。

 決して色褪せない景色と共に。
 
 先生。

 今日も暑くなりそうです――――

■戻る■