第二詰所

戻る
「悠人、スピリットの館に行ってみたいぞ」
 光陰が小声で俺にささやいてきた。
「(気になっている娘がいるんだ!)」
 目を光らせる光陰、大体言いたいことはわかる。
しかし、ターゲットにされている娘が多いから。
一体どうした物だろう?
やたらと張り切る光陰。
この浮かれようを見ていると、みんなの危機を感じる。
とはいえ駄目だといってもついて来るだろうし…。
俺は諦めて二人を館へ案内することにした。


 第一詰所〜本館〜。
 みんな出かけていて誰もいなかったりする。
不幸中の幸いというか、とにかく良かった。
「ということで残念だけれど、またの機会にしよう」
「悠人クン〜、第二詰所、だっけか。そっちの方も行ってみたいな」
「そんなこと言ってもな、俺が暮らしてるのはこっちだし。
 そうだ、今日子は別にいいだろ?」
「ん、べつにいいよ〜興味あるし〜」
 俺が駄目なんだよ!
だいたい向こうの館の方が光陰の危険度が増してしょうがない!
複数のスピリットを援護するのは辛い。
何といっても相手は自分と同じエトランジェだ。
「さぁさぁレッツゴー!」
 抵抗もむなしく第二詰所に向かって引きずられていく。
しかし、何故場所がわかるんだ光陰よ…。
「あれぇ〜〜。ユウト様〜?」
「あぁハリオン、ちょっと友達の案内を」
「え〜と〜、キョウコ様とコウイン様ですね〜。はじめましてぇ。
 私ぃ、ハリオン・グリーンスピリットと申しますぅ。
 よろしくお願いしますぅ〜」
 しばしの沈黙、そして…。
「あぁぁ、え〜と今日子、岬今日子です!」
「俺は、碧光陰、はじめまして、美しいグリーンスピリットのお嬢さん」
「え〜とぉ、美しいですかぁ?そうですかぁ?」
 気取っている光陰に対して、いたってマイペースなハリオン。
光陰、残念だがハリオンにはその類の攻撃は一切通じないぞ!
「……ちょっと悠…」
「な、なんだよ」
「なんか、ただならぬ物を感じるんだけど?
 あのスピリットは、いつもあんな感じなの?」
「ハリオンは、そーだな大体あんな感じじゃないかな?
 ああ見えてもしっかりしているし、皆のお姉さんって感じかな」
「いい娘じゃないか、悠人!
 あんなおしとやかな娘はマロリガンにはいなかったぞ!この幸せ者め!」
 光陰が割って入ってくる、しかも妙に浮かれているし。
「くぅぅ羨ましいぞ悠人よ、お前たちのことは色々と調べていたつもりだが
 まさか、こんないい娘がいるなんて!
 マロリガンの諜報部もまだまだだな!あぁ実に惜しい!」
 何が惜しいんだ、そもそも諜報部がスピリットの性格まで逐一報告するか?
光陰の浮かれようはともかく、
後で高まりつつある怒りのオーラを感じ取り俺はハリオンを連れて少し離れる。
ついでにハリオンに守りを支持する。
「ユウト様ぁ〜どうしたんですかぁ〜?」
「いいから、最大で構えるんだ!」
「わ、わかりましたぁ〜」
 直後、轟音が響く。
「こ〜う〜い〜ん〜く〜ん〜」
「うがぁぁああぁあぁぁぁ」

 どごごごごごごぉぉぉん!!
雷をまとったハリセンが光陰に炸裂する。
「光陰、迷わず成仏しろよ…」
「〜〜?」
「何だかすっごい音がしたみたいだけど」
「………どうしたんだろう、ね?」
「あ〜、パパこっちにいたんだ!」
「お兄ちゃん〜」
「お兄さん…」
 落雷と轟音で騒ぎを聞きつけたネリー、シアー、オルファが現れる。
ん?お兄ちゃん?お兄さん?
「ちょっと悠、何よパパとかお兄ちゃんって!」
「いや、そ、それは俺が聞きたいよ」
 オルファがパパと呼ぶのはともかく、
ネリーとシアーが突然「お兄ちゃん(お兄さん)」と呼ぶのは俺も驚いている。
「ネリー、シアー、一体その呼び方は?」
「オルファだけがパパって呼ぶのがズルイから私たちもね、シアー」
「……は、はい。オルファからハイペリアの言葉を教えてもらって」
「言っとくけどパパって呼ぶのはオルファだけなんだからね!」
「わかってるわよ、うるさいな〜」
「あぁ〜せっかく教えてあげたのに、そんなこと言うんだ!」
「お、お姉ちゃんも、オルファも、落ち着いて…」
「あらあら〜」
 オルファとネリーが触発しそうな雰囲気へ、そこにシアーが止めに入る。
ハリオンは相変わらずマイペース。
とまぁそんな和やか(?)な光景をかなりイっている視線で眺める光陰。
いつの間に復活したんだ、こいつは?
「悠人、お前幸せだな〜、いや絶対幸せだ!
 いいよな〜いいよな〜、俺なんてさ、今日子がいたから
 自慢のスピリット部隊にまったく手がだせn」
「ほほ〜う、光陰君は私がいない方がようございましたか〜?」
「ははははは、ま、まさか、そんなこと、あるわけないですよ、今日子さん」
「ふうぅぅ〜〜〜ん」
「パパ、あのお姉ちゃん」
「す、凄いよ…」
「……マ、マナが…」
 今日子の回りのマナが震え振動している…。
3人とも怯えている、さすがエトランジェというか。って言うかマズイ。
「みんな、守りを固めろ!」
「うん!」
「わかったよ!」
「……だ、大丈夫かな…」
「は〜〜い、来ますよ〜〜〜」

 どごごごごごごぉぉぉぉん。
本日2回目の爆雷が響いた。
「もうっ、うるさいわよ!」
 リビングにニムが入ってきた。
しかも無茶苦茶怒っている気がする、では無く完璧切れている。
「まったく、さっきから何騒いでるの!
 うるさくて本も読んでいられない!!」
 部屋の中を見回すニムと目が合った…、何だか嫌な予感がする。
そして、こんな時の予感はだいたい的中する。
「ユウト様!ユウト様がいながら、どういうことですか!
 スピリット隊の隊長なんですから、もっと皆をまとめてもらわないと困ります。
 この際だから言いますけれど、ユウト様は回りに流されすぎです!
 こんな子供のお守りも出来ないなんて!
 意識とか責任とかわかっているんですか!!」
 グサッ、た、たしかに流されすぎとは思うけれど…。
「こ、子供っていったなっ!」
「何よニムだって充分子供じゃない!」
「はいはい、お子様は黙っててね」
「うぅぅぅ〜(×2)」
「だいたい騒いでいたのは私たちじゃないもん!」
「そーだそーだ!」
「とりけせー!」
「とりけせー!」
「ホントお子様はうるさいわね!」
 オルファとネリーを軽く受け流すニム。
確かにこの娘は(この二人よりかは)子供じゃない。
単に面倒くさがりなのかもしれないが。
「ニムぅ〜、お客様ですよぉ〜、ご挨拶ご挨拶ぅ」
「?」
 と、ここで部屋の中に見慣れない人物がいるのに気がつく。
そして自分に向けられている視線にも。
つーか回復早すぎだぞ、光陰。
だから「求め」の攻撃から復活したのかもしれないが。
いくらなんでも、あの攻撃を2発も喰らって無事とは。
「何?このイカニモ妖精趣味っぽいニンゲンは?」
 グサグサグサッ、クリティカルヒットだ。
今、確かに光陰にクリティカルな攻撃が炸裂したのを俺は見た。
……今日子、笑っているし。
「それでしたら〜、ユウト様も妖精趣味ですよ〜
 お城の兵隊さんたちも噂してますしぃ〜」
 ザシュザシュ!!
そ、そうなのか!イヤそんなことはない!断じてない!
しかし噂!?ってことは回りの人間は俺のことを、そんな目で…!?
「パパはヘンタイさん?」
「そう、ユウト様はヘンタイです!」
 断言するニム。
ここはキチンと説明してはっきりさせないと!
「い、いいかニム。俺はヘンタイじゃない。
 ただ、スピリットも人間も関係ないんだ!
 皆、仲良くやっていけるんだよ!」
「ゆ、悠人よ。お前は俺と同類!ヘンタイなんだよ!」
「だ、そうですが?ユウト様?」
 ぐはっ、光陰め余計なことを!ややこしくしやがって。
「かわいらしいお嬢さん方、気をつけるが良い、
 悠人はヘンタイもヘンタイ、ドヘンタイなんだ!!
 ヤツと長年つるんできた俺が言うんだから間違いない!」
「ユ、ユウト様はそんな人じゃありません!」
「あっ…えっと…ユ、ユウト様」
「うぅ!、ヘ、ヘリオンいつのまに!」
「ええっとですね、みなさん集まっていたみたいなので来てみたんですけれど
 声がかけられなくて…、さっきからずっと…」
「ふぅ、ヘリオン、あんまりに気にしなくていいから、気軽に声をかけてくれよ」
「は、はいっ!」
「それよりも、ありがとうな、サンキュ!」
「い、いえそんなこと!私はユウト様のこと尊敬していますし!」
 俺に気遣ってくれた(?)ヘリオンの頭をポンポンと撫でてやる。
目を細めて嬉しそうにしている。と、そこへ
「あぁ〜〜ヘリオン、ずっるういぃぃ!
 パパ、パパ、私も撫でてよ!」
「お兄ちゃん、私も私もっ!」
「………え〜と……私も……」
「って、誰も俺のことフォローしてくれなかったじゃないか!」
「そんなことないよ!パパはパパだもん!」
「お兄ちゃんは優しいよ〜!」
「……お兄さんはいい人です…優しくて……」
「はい、いいでしょ!撫でて撫でて〜!」
「あらあら〜、ケンカは駄目ですよ〜順番〜順番〜」
「モテモテね〜悠ぅ〜」
「はははははははは…」
「なんなら、俺が撫でてやってもいいんだぜ!」
「うるさいよ〜妖精趣味の光陰君は〜」
「ぐはっっ!!」

 光陰へのとどめの攻撃は雷ではなく、悲痛な一言の言葉だったと。
光陰、今度こそ迷わず成仏しろい。

戻る