沙耶エンド後

戻る
気がつくと女がいた。
そいつは俺を見て楽しそうに笑っていた。
「なかなか美しい世界じゃないか、君」
明瞭な音声で女が言う。
眼鏡をかけ、髪を後ろで纏めている。豊満な肉体にラインがはっきりと分かる衣装。
そう、見えた。
「何者だ?」
俺は訊く。
「こんなところにまで繁殖するなんて、彼女たちの貪欲さは敬服に値するよ」
問いには答えず、女は呟いた。
「まあ、僕が最も尊ぶのは人だけどね」
真っ赤な唇から、からかうように言葉が零れる。
嘘だ、と瞬間的に俺は思った。
「何をしに来た?」
俺は質問を変える。
「大したことじゃない」
今度は回答が返ってきた。
やはり軽い口調は変わらないが、今の言葉は真実のように思えた。
「ふらりと立ち寄ってみただけだよ。退屈しのぎにね」
「……こんなに遠くまで?」
「ちょっとした散歩さ。僕には距離とか空間とか、あんまり関係ないんでね」
カマをかけた俺に、女は何でもない、といった様子で答えを返した。
「まあ、散歩とはいえ、目的もなく来たわけじゃない」
女の笑みが深まる。より昏く、より鮮やかに。
そして、奴は言った。
「匂坂郁紀くん。彼女の遺体はどこだい?」
久しぶりに聞いた俺の名はまるで呪詛のようで、
魂が、軋んだ。
戻る