りばーしぶる瞳日記

戻る
 みんな、また逢えたね! 戦うおねーさんこと、天王寺瞳、で〜す。
 今日はぁ、約束通り、子虎ちゃんとのことを書いた日記を読ませてあげるね。
「…なにニヤニヤしてるのよ、冴子」
「んー? いやいや、楽しみだなーってさ」
「…笑ったら、殺すからね」
「怖い怖い。そんなにイヤなら瞳を止めればいいじゃない」
 典摩学園ではいろいろあったけど、トラちゃんのは特によく憶えてるのよね〜。
「……」
「ふふ。なんだかんだいって、子虎も瞳には甘いわね」
「おかしなコト書いてたら、許さないんだから…」
 そう、そのページ。
 それじゃ、後で感想聞かせてね♪

---------------

 ぶっとばした男の悲鳴を最後まで聞かずに、わたしは鉄の扉を蹴破った。
 このあたりの敵は全部倒したから、もう音を立てても大丈夫。
 さっき締め上げた奴の言う通りなら、ここに子虎ちゃんがいるはず。
 トラちゃんは、行方不明になった綺沙ちゃんを探してここに侵入したの。
 丸一日経っても連絡がないから、こうやって助けにきたんだけど…。

 いた!
 トラちゃんは全裸で天井から吊るされていた。
 厳しい取り調べを受けたみたい。ところどころに鞭の痕が赤く残ってる。
 なんて、ひどい…!
 トラちゃん、すぐ助けてあげるからね!
「ひ、瞳…来な…いで…」
 その言葉に、罠でもあるのかとわたしは周囲を注意深く見渡した。
 何もないみたいだけど…。
 すぐに、わたしはトラちゃんの真意に気付いた。
 小柄で華奢なトラちゃんの身体。同性のわたしが見てもカワイイと思う。
 その中心に、男の人のアレがついてるの…!
「お願い…見ない…で」
 憔悴した様子のトラちゃんは、力なくいやいやをする。
 忌々しい鎖が、無慈悲に鳴る音。
 わたしは、これが誰の仕業かを知っている…。
 霧咲蓮。
 天才的な頭脳を悪用する、正体不明の魔女。
 わたしは以前、彼女の罠にかかって、同じようにペニスを生やされたことがある。
 あの時はカズキ君にフェラされて射精したんだっけ。
 神経をそのまま愛撫されてるみたいで、頭がおかしくなりそうだった。
 もうセックスのことしか考えられなくって、そのためならどんなことだってしたと思う。
 男の子って、いつもあんなに悶々としてるのかな?
 結局、わたしはトラちゃんと綺沙ちゃんを何度も犯してしまった。
 ふたりを失神させて、精液まみれにして、ようやく正気に戻ったんだ。
 トラちゃんは、顔をそむけたまま涙を流している。
 …今度は、わたしの番なんだね。
 
 ごくりと、唾を飲んだ。
「トラちゃん…こっち向いて」
 慈しむように傷だらけの身体を撫でながら、戦闘用スーツを脱いでいく。
 可哀想…こんなにくっきり…。
 ミミズ腫れになってる鞭の痕を優しく舐めながら、小ぶりな胸を揉む。
「ぅく…くすぐったいよ…あ…」
 動いちゃだめ。わたしが治してあげるから。ね?
 クスリの副作用で敏感になってる身体は、すぐに反応を始めた。
 ぴんとしこった乳首を吸ってあげると、トラちゃんは身悶えして、
「だめ、だめっ瞳…っ。そんなことしたら、我慢できなく…っ」
 …いいよ。我慢しなくていいの。気持ちよくなって。
 その傷も、おちん○んも、ちゃんと治してあげるからぁ…んっ。
 わたしはトラちゃんの頬を両手で挟むと、キスをした。
 いっぱいの愛情をこめて、トラちゃんの舌を可愛がってあげるの。
「ん…うン…ぷぁっ」
 透明な糸が、わたしたちの口の間に橋を作った。
 トラちゃんはぽうっとなって、涙に濡れた瞳でわたしを見ている。
 いいんだよ…クスリのせいなんだから…我慢しなくていいの。
 わたしはついばむようなキスを繰り返しながら、涙のしずくを拭ってあげた。
「瞳…ごめん…ごめんね…うぁっ!」
 もうびんびんになってるこわばりを、指でそっと撫で上げていく。
 てっぺんのふくらんでるところをくりくりすると、トラちゃんの腰ががくがく震えるの。
「ぐ…っあっあっ、そこだめっ」
 ふふ、敏感だね…剥けたばかりなんだ…。
 わたしはトラちゃんの腰にしがみつくように屈みこむと、不安そうなトラちゃんに微笑みかけた。
 口元がよく見えるように髪をかき上げる。
「やっ、嘘っ。やめて…!」
 ぱくっと、熱い塊を咥えこんだ。
 びくん、びくんって脈打つそれを、一気に喉の奥まで迎え入れた。
 むせそうになるけど、トラちゃんのためだもん、ぐっとこらえる。
 喉と唇で優しく締めつけながら、ゆっくりと抜いていく。
「うぅっ、あっ、すご…!」
 仰け反って喘ぐトラちゃんがいとしくって、状況も忘れて張り切っちゃった。
 ちゅぽん、と音を立てて(恥ずかしい…)ペニスを解放すると、ほとんど直角に反りかえるそれを、
フルートを吹くみたいに横咥えしながら、根元から先までキスしていくの。
 これにはちょっと自信あるんだ。
 ねえ、気持ちいい?
「うん、いい、気持ちいいよ、瞳っ!」
 そ♪ じゃ、もっとよくしてあげる。
 カリ首のところを舐めるよ…うふ、ぞくぞくするでしょ。
 次は、舌をぜぇんぶ使って、先っぽをいぢめてあげるね。
 亀頭の下をぺろぺろして…よだれを溜めた舌を押し付けたまま、上もべろの裏側で舐めちゃう。
 ほら、ほら…敏感なとこ、ぬるぬるにしたげる。
 だからぁ、トラちゃんの可愛い声、いっぱい聴かせて…。
「ひ、瞳…だめ、それだめっ、あっああっ、熱いっ! 何か、こみ上げてくる…!」
 出して、出していいよ! 瞳の口の中、いっぱいにして!
 わたしは暴れるトラちゃんの腰を抱き止めると、唇と舌でカリのところを集中的に舐めしゃぶった。
「あああああああっ!! おちん○んが凄いの! ぅあ、だめっもう出ちゃうぅぅぅっ!!!」
 がしゃっと鎖が鳴って、火傷しそうなくらい熱い精液がわたしの喉を撃った。
「く! あ! あああ…!!」
 ん…まだ出てる…んく、ごくっ。…だめ、飲みきれない…!
 苦しくなって口を離した途端、まだ射精途中のペニスが暴れ出す。
 あん! 熱い!
 顔も、髪も、胸も…お腹まで、トラちゃんのでべとべとになっちゃった。
 頬に付いた精子を拭うと、荒い息をついてるトラちゃんに見せつける。
 いっぱい、出たね…。ちゅるっ。
 えっちに見えるように意識しながら、指についた白いのをすすってあげるの。
 あら? 出したばかりなのに、そんなに硬くして…ふふ。
 …ねえ、挿れたいでしょ?
 こくん。顔を真っ赤にして、トラちゃん可愛い♪

 吊り下げられたままのトラちゃんの体勢だと、挿入できる体位は限られていた。
 うん、この際、しょうがないよね。
 わたしはトラちゃんに背中を向けると、つま先立ちになってお尻を高く掲げた。
 すっごく恥ずかしいけど、自分でアソコを広げて挿れやすいようにする。
 わたしの、フェラしてるうちに、もうびしょびしょになってる…。
 顔から火が出そう…トラちゃんの顔、見えてなくてよかった。
 ね、いいよ…入ってきて。
 トラちゃんが恐る恐る腰を突き出してくる。
 ん、そう、もうちょっと下…はぁ…ぅん、そう、そのまま奥まで…。
「ぅあ…ひ、瞳の中、すごい…熱くて、ぬるぬるしてて、きゅって締め付けてくるっ!」
 ちょ、ちょっと、恥ずかしいこと言わないで…!
「ああ、だめ、我慢できないっ!」
 え、あ、ぅあんっ!
 奥まで一気に入ってきた硬いモノが、子宮の入り口を突いた。
 目の奥に火花が散るくらいのショック。あっ、膝が崩れそう。
「瞳、瞳ぃっ!!」
 手を使えないまま、腰だけを夢中でぶつけてくるトラちゃん。
 膣の奥を突かれる衝撃と快感に何度も息が止まりそうになる。
 だ、だめ、そんなに激しくしたら、すぐにイっちゃうよ!
「いい、瞳の、気持ちいいっ! ああっ、もうおかしくなる! おちん○ん、おちん○んいいのぉっ!」
 トラちゃんも凄い、凄くいいよ、あっああっ、アソコが擦れて燃えちゃいそう!
「ごめ、ごめんね、瞳、ごめんねっ! うん! はあっ! だめ、またイク! 出ちゃう!」
 ううん、いいの、トラちゃんだからいいの、出して、瞳のココに出して! 
「あっあっあっ! 好き! 瞳、大好き! 来る! もう、ああっ出ちゃううっ! 」
 痛いくらいに熱い迸りを膣の中に感じた瞬間、わたしも絶頂していた。
 トラちゃんのをぎゅっと締めつけたまま、真っ白になって床に崩れ落ちる。
 わたしも大好きだよ、トラちゃん…。

------------------

 え? その後、どうやって助かったのか、って?
 えへへ〜、実は、あれで火がついちゃって、あの後3回しちゃったの。
 わたしの時もそうだったけど、あのクスリって絶倫になるのよね〜。
「…道理で。それであたしが見つけた時、ふたりとも気を失ってたのか」
 結局、冴子が助けてくれたんだけどね。
 もうトラちゃんったら、すっごく情熱的で…腰が抜けちゃうかと思ったくらいよ。
「…だからそれは、薬が」
 でもね、あんなに愛し合ったのにぃ、あれっきりなの。ひどいと思わない?
「愛し合ってなんかない!」
「へぇ…さっき、好き! って言ってたみたいだけど?」
「そんなこと言ってない!」
「えーとどれどれ…好き! 瞳、大好き! …ってさ」
「〜〜! だからそれは、薬の──!」

 …なんか、後ろが騒がしいね。
 どうだった? 瞳の日記、今回も楽しんでくれたかな?
 興味を持ってくれた人、ぜひcolorsのゲームをやってみて。
 それじゃ、今日は付き合ってくれてありがとう。またね♪

戻る