あみあみ Amazon Yahoo 楽天 NTT-X Store

無料ホームページ 無料のクレジットカード 海外格安航空券 転職 海外旅行保険が無料! 格安航空券

投稿規定

当HPでは随時、投稿作品を募集しておりますが、下記の内容を全てご理解頂いた上で投稿して下さい。
なお、投稿規程違反がある場合、並びに、他サイトであっても投稿者自身に責任がある行為(盗作、マナー違反など)でトラブルを引き起こしている場合、投稿をお断り致しますのでご了承下さい。
また、二次創作を予め認めているような場合を除き、一次創作物の著作権者、著作権管理者に連絡をとること、作品を紹介するようなことは厳禁とします。
著作権の侵害は親告罪であることを「利用」した、一次著作権者と二次(同人)著作権者の間にある“暗黙の了解”によって二次創作(同人)活動というものが成立しているということに、くれぐれもご注意下さい。

 なお、当り前ですが、盗作は厳禁です。

 

1・投稿SSについて

2・投稿CGについて

3・作品の投稿ファイルの形式について

4・投稿作品の投稿から掲載までの期間について

5・投稿作品の掲載日指定及び掲載間隔指定について

6・投稿作品の二重投稿について

7・不明なことがあった場合は…

8・投稿先

9・作品を発表するということ


1・投稿SS(サイドストーリー)について

《重要》
 投稿SSの誤字・誤変換や、文章(特に句点[。]・読点[、])ついては、推敲(見直し)をしてから作品を投稿して下さい。
 なお、投稿作品をチェックさせていただいた後、場合によりましては修正願いや掲載お断りをすることもございますのでご了承下さい。


機種依存文字について
 各オペレーションシステムには、それぞれ独自のルールで記載された文字(=機種依存文字)があります。
 この機種依存文字を異なるOSで見ると、文字化けするだけでなく、コンピュータの動作に異常をおこす場合もあります。
 従って、機種依存文字については、使用しないで下さい。
 なお、機種依存文字として扱う文字については、機種依存文字劇場にある『使うと危険な文字・記号』にある文字とします。

 投稿作品のジャンルはアニメ・マンガ・ゲーム及びヤングアダルト小説の二次創作を中心とします。が、三次創作(ただし、三次創作の場合、二次創作の作者に許可を取ってください。また、元の二次創作が当サイトもしくは旧夜に咲く話の華に掲載されている作品に限ります)
や、オリジナル作品でもかまいません。
 また、読み切り、連載、長編、短編などの形式も問いません。
 ただし、文章が台本形式(セリフの前に名前がある形式のことです)のもの、詩、プロット段階のものなど小説の形態になっていない作品につきましては、申し訳ありませんが修正願いもしくは掲載お断りをすることになりますのでご了承下さい。

 18禁指定の作品の投稿は、いわゆる男性向け・女性向けのいずれでも受付しておりますが、男女性器名称を日本語で直接記載しないでください(伏字ならOK)。
 ただし、いわゆる鬼畜陵辱系(酷い暴力シーンや虐待シーンが延々続く作品)、キャラクターが理不尽に貶められている作品などは掲載をお断りする場合がありますのでご了承下さい。

 歌詞の引用については原則禁止します。
 ただし、著作権保護期間が過ぎているものや自作の場合はこの限りではありません。


※海外の会社がオリジナル版権を所有している作品ついては掲載をお断りします。

2・投稿CGについて

 ジャンルはSS同様、オリジナルも含めてなんでも受付しております。
 18禁指定CGの投稿も大歓迎ですが、日本国内法並びに契約サーバの規約に基づき、商業誌掲載レベルの修正をお願いいたします。
 また、CGにつきましてもSSと同等の判断で鬼畜陵辱系などにつきましては掲載をお断りする場合があります。


※海外の会社がオリジナル版権を所有しているジャンルについては掲載をお断りします。
※ポケモン、ドラえもんのオリジナルの姿でのCGについては掲載をお断りします。

3・作品の投稿ファイル形式について

 投稿の際のメールの件名は、『(作者名)です、作品を投稿します』として下さい。
 件名に何も書かれていない場合、ウィルスメールやスパムメールと判断して自動削除されてしまう場合がありますので、ご注意下さい。

 メールの本文(ファイル添付ではなく、メールへの直接記入)では、
  • 作者名(ペンネーム)
  • タイトル
  • 元ネタ作品名(複数ある場合は全て)
  • 簡単な作品紹介(可能であれば)
をお願いします。
 作品紹介は、ページ上の作品内容欄の文章になります。なお、連載の場合は連載全体の内容紹介を送って下されば、各話ごとに作品紹介を記入していただく必要はありません

 投稿者のメールアドレスは原則として非公開とします。ページ上でメールアドレスの公開を希望される場合には、必ずメール本文にその旨を記入して下さい。その場合、メールアドレスをmailtoリンクで記載します。

●小説の投稿形式について

 SSはファイル添付での投稿をお願いします(ただし、ファイルをメールに添付する方法が分からない方、またゲーム機等のファイル添付機能をもたない機材をご使用の方はメール本文への直接張り付けでもよいです)
  1. テキスト形式【拡張子.txt】
     特に問題が場合はこの形式でお願いします。
     ただし、Windows以外のOSを利用されている方は、その旨をメール本文に記載して下さい(OSによりコードが異なる場合があるためです)。
     なお、リッチテキスト形式【.rtf】や、テキスト形式【.txt】でもMS-Wordで『テキスト+改行』と書かれている形式等はご遠慮下さい
  2. HTML方式【.htm/.html】
    (ただしマイクロソフトOFFICE系アプリケーション【MS-WORDやMS-EXCELなど】からHTMLに変換したファイルは、無駄にHTMLの容量が膨らんでしまうのでご遠慮下さい)。
  3. 一太郎形式【拡張子は様々】
    (ただし一部圧縮文書形式は読み込めない可能性があります)
  4. ワード形式【拡張子は.doc】
    (ただし、できるだけ、MS-Word上からテキスト形式で保存し、 テキスト形式【.txt】のファイル添付が可能な方は、ワード形式ではなく、なるべくテキスト形式で送って下さい。
    その際はワードのメニューから、ファイル→名前を付けて保存で、保存ダイアログが出てきたらファイルの種類を【テキストのみ(*.txt)】に変更して保存したテキストファイルを送って下さるとありがたいです)

     なお、一部のメールサービスではテキスト形式のファイル添付が出来ない(本文直張りと同じ状態になってしまう)場合がありますので、それについては例外として、Word形式のまま送付して下さい。

●CG・イラストの投稿形式について

 CG・イラストにつきましても、小説投稿と同様の件名・本文(CG・イラストの場合、作品紹介はなくて結構です)の記入を忘れないようにお願いします。
 投稿されるCG・イラストファイル形式はJPEG形式【.jpg推奨】が望ましいです。ファイルを添付した上で送って下さい。
 なお、ファイルサイズの目安は50〜200キロバイトぐらいを考えてお願いします。

4・投稿作品の投稿から掲載までの期間について

 投稿された作品に関しましては、投稿してからホームページに掲載されるまでの期間には、一ヶ月程度、作業時間をいただく場合がありますので、ご了承下さい。

5・投稿作品の掲載日指定及び掲載間隔指定について

 投稿作品の掲載日を指定したい場合につきましては、なるべく掲載の1週間前までに投稿して下さい。
(それ以降につきましては応相談で対応しますが、前日投稿・翌日掲載といったスケジュールですと対応できない可能性が高いです)

 また、連載作品を一度に複数話投稿し、掲載間隔を指定、あるいは複数同時掲載などの場合については、メール本文にその希望を記入して下さい。できうる限り、対応させていただきます。

6・投稿作品の二重投稿について

 二重投稿は、応相談とします。
 もちろん、投稿先のHPが二重投稿を許可している場合に限ります。
 ただし、投稿者ご自身のHP(共同管理を含む)にのみ掲載されている場合は、二重投稿として扱いません。
 また、過去に発表した作品で、現在はその発表先が消滅している(あるいは投稿先サイトの更新が停止している)作品も掲載を受け付けます。

7・不明なことがあった場合は…

 上記の内容、その他不明点があれば、メールでお問い合わせ下さい。


8・投稿先

 本投稿の場合、上記規定を尊守していただいた上で、こちらまでお願いします。
 小ネタ掲示板への投稿の場合は、各掲示板からご投稿下さい。

9・作品を発表するということ

 作品を発表するということは法に触れたり、当サイトであればこの投稿規程に触れない限り自由です。しかし、作品を発表するのが自由である以上、感想をつけるのもまた自由です(それが多数の人に支持される意見かどうかは別にして)。
 表現の自由という権利を行使するには、それに伴って生じることに責任をとるという義務を負うことが生じます。
 ですから、作品を発表をして、批判的な意見が寄せられたとしても、誹謗中傷ではない限りは、それを受け止める(受け入れる、ではなく)という覚悟は必要だと私は考えています。

 夏目漱石や司馬遼太郎のような名作と呼ばれる作品であっても批判はありますし、作者の意図通り読まれないことがあります。まして、プロでないものの書いたものです。批判に反駁するのではなく、自分の作品がわかりにくかったのではないか、不十分だったのではないかと、まず自省してみるべきです。 そして、次回作(次話)にそれを生かし、作品のことは作品で語るべきではないでしょうか。

 当サイトは、こうした方針に基づき管理させていただきますので、ご了承下さい。

戻る