森の妖精〈エルフ〉の耳は長い。  
 もちろん聴覚も並ではないが、それ以上に……とても敏感だ。  
 パーンが舌を這わせると、ディードリットの耳はぴくんと反応し、緊張したようにそば立った。  
「あっ……やめて、パーン」  
 言葉とは裏腹に、甘い声でディードリットが呟く。  
 ザクソンの村の北に位置するパーンの家は、集落から少し離れている。陽が落ちるとすぐに暗闇に包まれるので、尋ねてくる客人――つまり、邪魔者はいない。  
 長い夜を存分に楽しめるわけだ。  
「はぁ……はぁ……ンッ!」  
 簡素なベッドの上で、ディードリットの吐息と、衣擦れの音だけが悩ましく響いていた。  
「ディード。感じてる?」  
 若草色の服の上からたおやかな胸を揉みしだきながら、パーンは再び耳を攻める。  
「んん! ――ま、待って……あっ」  
 白磁の肌を紅く染めて、ディードリットが身をよじる。耳だけはどうしても我慢できないようだ。  
「……ずるい。あなたばかり」  
「そんなこと言われてもな」  
 パーンは困ったように栗色の髪をかく。  
 通常、こういった行為は男性がリードするものだ。至高神〈ファリス〉の経典にもそう書かれているし、昔、親友のエトにもそう教わった。  
 だが――男女の愛に対して寛大な大地母神〈マーファ〉の教えでは、女性も時には攻めることがあるらしい。  
「わたし、レイリアに教わったの。試していい?」  
 悪戯っぽく微笑みながら、ディードリットはパーンのズボンを脱がしていく。  
「ちょ、ちょっとディード――」   
「いいから。わたしに、任せて」  
 すでにいきり立っていたパーンの男根をそっと掴むと、ディードリットはその舌先を這わせた。  
 
(う……うわっ)  
 これまで経験したことのない感覚。  
(こ、これが、マーファの教え……!)  
 小さく柔らかな舌が、自分のものを絡め取っていく。ディードリットの口内にすべてが吸い込まれ、唇の圧力と舌の動きで蹂躙された。  
(レ、レイリアさん、こんなことしてるのか――!?)  
 一瞬、精力に乏しそうな魔術師に暗い嫉妬の炎を感じたパーンだが、すぐさまディードリットに解かされた。  
 あまりにも気持ちよすぎて、思考が定まらない。  
 ……ちゅっ……ちゅぱ……ちゅ……。  
「はむ……どう、パーン。んん――気持ちひい?」  
「あ、ああ。こいつは――反則だな」  
「ふふ」  
 ……ちゅっ……ちゅむ……。  
(ディード――いいのか?)  
 森の妖精は果実や野菜を好み、動物の肉は一切口にしないという。そのエルフが、自分の肉棒を熱心にしゃぶっている姿は、かなり背徳的な光景だった。  
「はぁ……んん」  
 舌全体を使って、ディードリットがパーンを舐め上げる。  
「う、うあっ――ディ、ディード!」  
「はむ……ちゅ……なあに?」  
「――ず、ずるいぞ。気持ち、よすぎる」  
「ゆるして欲しい?」  
「……う」  
 完全に立場が逆転している。  
 どこで練習したのか、ディードリットは絶妙の力加減でパーンの男根をしごきあげていく。  
 口内の空気を吸われ、舌先で亀頭をなぞられると、不覚にもパーンは声を挙げてしまった。  
「ゆ、ゆるして、下さい……」  
「だめよ――ちゅ!」  
 

簡単安心ビットコイン取引所 Amazon Yahoo 楽天

無料ホームページ 無料のクレジットカード 海外格安航空券 海外旅行保険が無料! 格安航空券