『ニースの夜』  
 
夜が怖い。  
ランプに照らされた自室で、ニースは沈み込んでいた。  
時刻は既に夜。マーファ神殿からは人影が消え、神官達の住む宿舎も静まり返っている。  
ニースも一日を忙しく過ごし、薄水色にの夜着に着替えて寝台へ腰掛けていた。  
 
疲れていないわけではない。その証拠に眠気はどんどんと押し寄せてくる。だが眠るのが怖いのだ。  
毎夜のように夢を見る。  
それも飛び切りの淫夢を。  
 
夢の中でニースは身体を開き、何度も何度も男達に犯された。  
夢は夢でしかない。それは分かっている。  
だが、あの夢の何とリアルな事か。  
 
身を這い回る男の手の感触も、口にした男性自身の味も、そこから吹き出た精液の味も、全て覚えている。  
実際にこの身は汚されていなかったとしても、心に焼き付いているのなら…それは実際に体験したのと変わらないのではないか?  
そして…夢の中の自分は悦んでいた。はしたない喜悦の声をあげて。  
だから、自分の中の闇を突きつけられる夜が怖い。  
 
 
やっはり同じ夢…。  
ニースはぼんやりとそう思った。自分が向かう先は神殿の奥の倉庫。収穫の季節の祭礼に使う道具をしまう場所で、普段はほとんど人が訪れない。  
訪れるのは管理を任されたニースだけ。だが今は…。  
 
ドアの前に立つ。  
入っちゃダメ。こんな所に来てはいけない、と頭の中で警鐘が鳴り響く。  
だが、身体は勝手にドアを開けていた。まるで自らの渇きを癒す水場へと赴くかのように。  
 
本来は人気の無いはずの倉庫の中に明かりが灯されている。そして四人の男がそこで待っていた。  
 
「お待ちしていましたよニース様」  
 
一人の男が笑みを浮かべて挨拶を口にする。ゴクリと唾を飲む音がした。目の前の男達からの音かと思ったが、それはニース自身自信の喉が生んだ音だった。  
 
「お、お待たせして…」  
 
「いえいえ、気になさらないでください。それでは早速はじめるとしましょう」  
 
おずおずと詫びの言葉を口にしようとしたニースを、満面の笑顔で男が遮り、その無骨な手をニースの肩においた。  
そしてグイッと力を込めてニースを引き寄せ、拒否する間も無くその唇を奪った。  
 
「っっ! …ん、んううっ!」  
 
唇を塞がれた瞬間、ニースの身体を痺れが駆け抜ける。身体の自由が利かず、思考も定まらない。  
愛するスパーク以外の男に唇をゆるし、柔らかいそれを啄ばまれ吸われる度にニースの興奮が高まっていく。  
 
にゅるう…、ぴちゃ…、ちゅぶっ…  
 
男の舌がニースの口を割り侵入し、歯と歯茎をなぞり嘗め回す。熱くヌメる感触が口内を蹂躙し、唾液を注ぎ込んでくる。  
いつしかニースからも舌を絡め、口の中でお互いの唾液を混ぜ合わせる。  
ちゅぷちゅぷと粘膜が奏でる音が脳に直接響き、舌の感触と唾液の味がさらにニースの興奮を引き出す。  
 
否、そうではない。ここを訪れる前から自分は興奮していたのだ。このキスはそれを表に引き出した触媒でしかない。  
そう。自分はこうなるのを期待してここに来たのだから。  
 
「んっ、んっ…、ぷふっ、はあっ…あ……」  
 
やっと解放された。唾液が糸を引いて男の唇とニースの舌をつなぐ。  
 
 れろんっ  
 
突き出されたままだったニースの舌を男が舐めあげる。眼前で繰り広げられ自分の舌が演じるあまりにも淫らな光景。それをニースは恍惚の表情で見届けた。  
口内に残った唾を飲み込むと、自分のではなく、もちろんスパークのものでもない男の味がした。  
 
「ほら、他の連中も待ってますよ」  
 
ニヤニヤと笑いながら、男が呆けたニースを促す。肩を押されて一歩動くと、別の男が待ってましたとばかりにニースの唇へむしゃぶりついた。  
 
「んんぅっ! ふぅっ…ちゅぷっ…」  
 
それからは同じだった。念入りにディープキスをされ、唾液を飲まされる。それが四人分繰り返される。  
そして唇から唾液を飲まされた分だけ、ニースの下の美唇は自覚できるほどに潤いを増していった。  
 
「ぷはっ! はあっ、はあっ、ああ……」  
 
四人目の男が唇を離すと、ニースは大きく息をつき、同時にガクリと腰が砕け膝を床についてしまった。身体に力が入らない。  
 
「相変わらずニース様はキスが好きなんですねぇ。…でも、もっと好きなものがあるでしょう?」  
 
「あっ…」  
 
最初の男がニースの手を取り、自分の腰へと導く。そこはもう服の上からも分かるくらい隆起していた。  
 
「ああ…」  
 
ニースは震える手を伸ばし、一瞬ためらった後、その隆起に触れた。  
 
(ああ…こんなに硬くなって…。それに…)  
 
大きさを確かめるようにニースの指がヤワヤワとさする。その表情は熱にうかされたように紅潮し、目は怖れと期待に満ちていた。  
 
「さあ、どうぞ遠慮なく」  
 
「…っ」  
 
下卑た笑いを浮かべる男に促さる。屈辱的な扱いだが、ニースがもう我慢できないということを男は知っているのだ。その証拠にニースの手は勝手に男のズボンを脱がせていく。  
 
ズル…と男の服を脱がせると、既に勃起したペニスがニースの眼前にあらわれた。むっとした男の性臭が鼻をつく。  
 
(ああ…、す、凄い臭い…)  
 
ニースは好物を目の前にしたようにゴクリと生唾を飲み込んだ。その臭いを嗅いだだけでお腹の奥が疼きを増し、新たな蜜が股間を濡らす。  
 
「さあ、早く」  
 
「あっ…は、…はぁ〜〜…」  
 
促されるまでも無く、唇からハァハァと熱い吐息を漏らしながら、ニースのピンク色の舌が男の赤黒いペニスへと伸びる。  
 

ビットコインがすぐに買える Yahoo 楽天 LINEがデータ消費ゼロで月額500円〜!


無料ホームページ 無料のクレジットカード 海外格安航空券 仮想通貨取引登録業者 海外旅行保険が無料! 海外ホテル