『準備は完了っと。これで抵抗はできないだろ』  
 『んんーっ、うむーっうぐっ、うーっ』  
 
身動きできないリーフは必死に身をよじり、拘束から逃れようとしている。  
だが徒労にすぎなかった。  
 
 『何を言ってるかわからないねぇ。早く入れてほしいのかな?』  
 『んっんんっ!』  
 『ふぐーっ!』  
 
男の言葉を否定するように顔を振り、声をあげようとする。  
しかし塞がれた口では呻き声にしか聞こえない。  
 
 『安心しなよ。すぐに気持ち良くしてあげるからね』  
 『よし、リーフちゃん。俺が最初だよ』  
   
 『んむっ、んむーっ』  
 
勝手な事を言いながら、足の間に男が身を入れる。  
閉じる事も隠すことも出来ない女性器に男の性器がこすりつけられる。  
 
(や、やめ・・・やめてよ・・・)  
 
か細い声がもれる。しかしもう変える事はできないのだ。  
 
 ヌグッ ズヌヌッ  
『ぐっ、ふぐうっ!』  
 『おおっ、キツイ、キツイなあ、リーフちゃんのマン○は凄く締まっていい感じだよ』  
 『わっわえぇ、ぅわええ〜』  
   
 微かな抵抗も虚しく、リーフの性器は根元まで男の性器を受け入れてしまった。  
   
 ギッチュギッチュ  
 
 『リーフちゃんのここ、あったかくてヌルヌルしてて、とってもいいよ〜』  
 『ぐっ、んぐっ、んうううぅ!』  
 ギュッギュッ   
 『ほ〜らリーフちゃん、奥をこすってあげる。気持ちいいだろう』  
 『いあぁ、んひぃっ』   
激しく髪を振り乱し、猿轡をギリギリと噛み締める。男達の蹂躙から逃れるように。  
 
   
 『あぐっ、ううーっ、んうーっ・・・』  
   
『そろそろ出そうかなぁ』  
   
 『!! うーっ!うーっ!んあっ!んあーっ!』  
 
抜く気配など無いまま射精を訴える男達。  
その危機を感じ、頭を激しく振り、必死に拒否の意思をしめす。しかし・・・  
 
 『何を言ってるか分からないってば。ほらほら、出しちゃうよ』  
 『ひあぁ!ひあーっ!ぷはっ、中はだめっ!に、妊娠しちゃうっ! そ、それだけは!それだけはやめてっ!』  
 『もう遅い。出ちゃうよ」  
 『だ、ダメェッ! 助けてえっ! スパークッ、スパークーっ!』  
   
 ビュッ ドピュ ドピュ  
 『出た出た、あーいい気持ち』  
 『ああーっ! いやっ!いやーっ!! 抜いてっ!抜いてっー!』  
 『出るっ、いっぱい出るよっ。孕んでね』  
 ドピュッ ドピュッ ドピュッ  
 『あうう、ぅっ、くくっ・・・』   
 
容赦のない膣内射精。リーフはギシギシと拘束具を鳴らしながら子宮へと注がれる精液を受けている。  
目隠しの下から流れる涙と、呻き声とともに溢れた涎で、美しい顔はべしゃべしゃになっていた。  
 
『ふーっ。いっぱい出たなぁ』  
 
ズルリと性器が抜き取られると、リーフの膣からはドロドロと精液があふれ出す。  
   
 『な・・・中はダメって・・・言ったのに・・・・』  
 『よーし、今度は俺達が可愛がってあげるね』  
 『リーフちゃん、今度はお尻がいいかな』  
 『いやぁ・・・もういやぁ・・・』  
 
 ズプ ズププ  
 『あっ、あがぁ・・・』  
   
何人もの男達が容赦なく精液をリーフに注ぎ込んでいく。前の穴にも後ろの穴にも。  
次の男が挿入する事で、胎内の精液が押し出されて流れ出すが、またすぐに補充されていく。  
 
何回射精されたのだろう。男達が離れた後、ぐったりと横たわる少女の体は  
ヌラヌラと白濁液にまみれ、流れ落ちた精液で下のシーツの色が変わる程だった。  
 
 『ふーっ、出した出した』  
 『最後に、俺達のをきれいにしてもらおうかな』  
 
頭を抱えられたリーフの口元に男達のペニスが突きつけられる。  
先程の抵抗が嘘のように、素直にそれを咥え、清めていくリーフ。  
もう抵抗する意思は残っていない。  
 
『あはっ・・・ちんちん・・・もっとぉ・・・』  
 
 

簡単安心ビットコイン取引所 Amazon Yahoo 楽天

無料ホームページ 無料のクレジットカード 海外格安航空券 海外旅行保険が無料! 格安航空券