「んっ・・・」  
 
ニースの膣内は熱く柔らかでありながら、容易には抜き差しできないほどのきつさで男根を締め付ける。しばらく動きが止まった後、腰がゆっくりと持ち上がり、ペニスの雁首まで露出したところで再び降ろされた。  
最初はゆっくりと、そして徐々にその速さが増し、動きが慣れていく。  
 
「あふっ、スパークのオチンポ大っきいです。私のオマンコ開ききっちゃう・・・」  
 
ニースは目尻に涙を浮かべながらも、その狭い膣はいっぱいに広がって男根をくわえこんでいる。愛液と破瓜の血が滲む結合部からはニチャニチャと淫靡な水音が響きはじめていた。  
 
「はっ、んふっ、はぁっ・・・」  
 
「ああっ、ニース・・・」  
 
ニースが動くたびに、膣内の襞がペニスをこすりあげ締め付ける。黒髪がスパークの胸の上でゆれる。  
そのうちに、ニースの動きが変わった。単純な上下の動きから、腰を前後にゆするような動きに。  
角度が変わり、スパークのペニスに与えられる刺激も変化する。  
だが、この動きはスパークのためではない。ニースが自分が快楽を得るための動きだ。  
 
「あっ、あはっ、気持ちよくなってきました・・・。いいっ、感じる・・・」  
 
肉茎の出入りとともに、スパークの視線の先で、ニースの性器が淫らに歪む。  
興奮を押さえきれず、降りてくるヒップを迎え撃つかのようにスパークも腰を突き上げた。  
勃起の先端が子宮をえぐり、そのたびにニースが小刻みな悲鳴をあげる。  
 
「あっ、ふぁっ・・・ああっ!」  
 
腰が勝手に動くのを止められないのか、ニースが喘ぎ痴態をさらす。  
だが、まだ快感が足りないとでもいうように、その手がスパークの手を掴み、自分の胸へと導いた。  
手のひらで隠せてしまうほどの、まだ小ぶりな膨らみ。しかしその中心では桜色の突起が女である事を主張している。  
 
「も、もっと強く。 握りつぶしてもいいですからぁ!」  
 
スパークの掌に自分の手を重ね、乳房を歪ませ、乳首をこねまわす。その望みを理解したスパークは指が食い込むほどに強くニースの胸を揉みしだいた。  
 
「ああっ! そう、乳首が感じるんです!」  
 
眉根を寄せ、髪を振り乱してニースが悶える。聖女を汚す背徳感と、それ以上の興奮に、スパークの脳は焼き切れそうだった。  
 
「んんっ、あはあっ! ス、スパークも、もっと私を感じてください。もっと気持ちよくなって」  
 
ニースがそう言って動きを変えた。緩やかに円を描くように腰を動かしつつ、下腹部に手を添えたと思った直後、スパークは未経験の感覚を覚えた。  
何かがいる。自分の分身に何かが絡み付いてくる。そう思わせるほどに、ニースの膣内が蠢き、襞がぬめり、締め付けてくる。  
味わったことのない快感が心の準備の間も無く襲ってきた事で、既に臨界が近かったスパークのペニスはひとたまりもなかった。  
 
「あううっ! ニース、出・・・」  
 
 ドクンッ  
 
収まらない膣の動きに抗うかのように勃起はとしゃくりあげ、二度目とは思えないほど勢いよく精液を噴き上げた。  
スパークは腰をガクガクさせながら、先ほどまで処女だったニースの子宮へたっぷりと注ぎ込む。  
 
「あはぁ・・・、スパークのオチンポ、ビクビクいってます。いっぱい出てるんですね・・・」  
 
膣内射精を動じることもなく受け止め。精液の熱さにとろけたかのような声でニースが呟く。  
 
「ニース、ごめん、俺、中に・・・」  
 
「ふふ・・・私、中に出されるの好きですから・・・。でも、まだこれくらいじゃ許しませんよ。私はまだ満足していないんですから・・・」  
 
そう笑う彼女の顔は、いつもと同じ聖女の笑み。なのにスパークには、この世の物とは思えないほど淫らに見えた。  
 
しかし、スパークはもう二度射精している。未だニースの膣内にあるそのペニスは放出により硬度を失い、萎えつつあった。  
 
「あん、まだダメって言ったでしょう。ちょっとそのままジッとしててくださいね・・・」  
 
ニースが集中するかのように目を閉じた。彼女の内股がわずかにピクピクと震える。目に見えるのはそれだけ。それなのに膣内は先ほどとはまた違う動きをはじめた。  
 
「え? うわっ! な・・・」  
 
まるで手で握り締められたかのように、三箇所も四箇所も、柔肉で締め付けてくる。  
柔らかく、強く弱く。放出直後の敏感な分身を嬲られ、スパークはだらしなく嬌声をあげた。  
 
「ん・・・、スパークのオチンポったらいやらしいわ。ほら、もう元気になってきた。それじゃあ・・・」  
 
スパークのペニスを強引に勃起させたかと思うと、ふいにニースが腰をあげ、そのままチュルンと音をたて結合をといてしまった。  
 
「え・・・」  
 
今度はいったい何を?  
状況に流されっぱなしのスパークは戸惑いつつも上体を起こす。  
目に入ってきたのはニースの細く美しい脚。  
その脚をM字型にたて、大きく開いてこちらに向けている。  
内腿を濡らし光る愛液と、わずかに付着する破瓜の血。  
ニースの腕がスッと伸び、自らのヴァギナをニチャリと割り開いた。白い肌の中でそこだけが粘膜のサーモンピンクと血の赤で自己主張しているかのようだ。  
 
「今度はスパークが入れてください。私のオマンコを上から突き荒らしてください・・・」  
 
淫らなおねだりを強調するかのように、開かれた膣口から血が混じりピンク色がかった精液がトロリと溢れ、すぼまったお尻の穴にまで伝い落ちた。  
 
ゴクリと唾を飲み込み、スパークの体がニースの上へと覆いかぶさる。ペニスの先端がニースのスリットへ近づき、位置を確かめようと上下にこする。  
 
「ああん、焦らさないでください。早く、早くオマンコにぃ・・・」  
 
ニースの指がこわばりをとらえ、自らの入り口へと導く。触れたと思った直後、下からニースの腰が浮き上がり、スパークの勃起は彼女の中へ再び埋没していた。  
 
「ううっ!」  
 
「あはぁっ! は、入ったぁ・・・。さあ突いてください。ズンズン突いてぇっ!」  
 
スパークをさらに奥へと導くかのように、ニースの腕が彼の背中へと回され、ギュッと抱き寄せた。  
 
ニースの黒髪がスパークの肩口に押し付けられる。旅先でも彼女は清潔に気を使い、薬草を調合した洗髪剤を使っていたものだ。  
今はその黒髪からは甘い彼女の香りとともに、自分の出した精液の臭いが立ち上っている。  
 
「ニース! ニースッ!」  
 
五感が彼女で埋め尽くされる。スパークは荒々しい動きで彼女を貪った。  
 
強く締め付けながら、ニースは何度も腰をふる。熱くまとわりつく彼女の裂け目の奥に、ペニスの先っぽが何度も押し当てられ、その度に甲高い嬌声が漏れ出す。  
 
「あはっ、あっ、いんっ、あっ!」  
 
スパークのオチンポが気持ちイイ。忘れていたこの感覚。男のチンポをお口に入れてむしゃぶりついて、それからオマンコの中をグチャグチャと掻き回してもらう。  
思い出したからにはもう戻れない。  
 
もっと気持ちよくなり、気持ちよくしてあげる。その為にも、まだまだ未熟な彼に学ばせなければ・・・。  
 
「あふっ、うんっ、ス、スパーク・・・、もっと腰を振って。もっと上下にも揺さぶるようにぃ・・・」  
 
そう言うとニースの動きが少し変わった。奥に導くような動きから上下への動きへと。  
つられてスパークも腰の動きを変えた。腰の位置を少し落とすと、下腹部が密着しクリトリスをこすりあげた。  
 
「あはあっ! そう上手ですっ! もっとオマンコ掻き回すように動かしてくださいぃ!」  
 
ニースの嬌声がさらにあがる。  
自分の動きでニースを悦ばせているという感動がスパークの腰を突き動かす。  
 
「ああんっ! カリがゴリゴリこすれて・・・気持ちいいですぅ!」  
 
スパークが先程そそいだ精液と新たに分泌された愛液で、小柄なニースの小さな膣でも何の問題もなくスパークの勃起を受け入れていた。  
二人の接合部からジュプジュプと淫らな音が響き、精液と見間違うほどに泡立ち白濁した愛液がしたたりおちていく。  
 
「はあっ、はあっ、せ、精液でオマンコの中が泡立っちゃいそうです・・・」  
 
しがみついたニースの小ぶりな胸が潰れ、その頂点の硬くなった突起がスパークの胸板に興奮を伝える。  
そしてスパークの興奮も、もはや限界に達しようとしていた。  
 
「ニースっ! 俺もうっ・・・」  
 
「は、はいっ! 中に射精してくださいっ! 赤ちゃんできちゃうくらい子宮に射精されるの大好きぃ・・・! いっぱいいっぱい、ビュッビュッと出されるのがすごく好きな淫乱なんです。膣内で射精されないとイけないんですっ!」  
 
膣内射精をねだるニースのいやらしいおねだりが、スパークに我慢を忘れさせた。  
 
勢いよく突きいれた勃起で子宮口を叩く。そこですぐさま折り返して、カリの出っ張りで膣壁をえぐろうとする。  
ニースの秘裂は、まるで獲物を逃すまいとするように、後退するシャフトに肉襞をからみつけてきたが、豊富すぎる潤滑液のせいで、動きが止まる事はない。  
 
スパークは今まで以上にペースを上げていたが、ニースにはそれでも不足らしく、  
 
「もっと・・・もっと強く! オマンコが壊れるくらい、思いっ切り突っ込んでぇ!」  
 
はしたないおねだりが次々とニースの口から飛び出す。  
それに応えて、スパークはニースの腰のくびれを両手でしっかりと掴み、突き出されるニースの腰に自分の股間を激しく叩きつける。  
 
「あっ、あっ、あっ・・・」  
 
半開きになったニースの唇から短く刻まれた嬌声が漏れ、パンパンという肉のぶつかりあう音と重なった。  
 
「んふぅ、そう・・・上手・・・。 あっ! そこぉっ! そこいいっ! 感じるっ、感じるぅ!」  
 
一心不乱に腰を振る度に、ニースの声が甲高く響いた。その声の昂ぶりとともに、スパークはお互いの限界が近い事を知った。  
 
「もうすぐ・・・もうすぐです。あと少し・・・で・・・あっ、くるっ! 来ちゃうっ! あっ、あっ、あーっ!!」  
 
エクスタシーの訪れとともに、こわばりを一分の隙間なく包んでいた膣壁に震えが走る。その淫らな振動に、スパークは歯を食いしばっての頑張りを突き崩された。  
 
「ううっ!」  
 
びゅっ! びゅるっ!  
 
ペニスが強くわななき、硬くふくれた先端から今日三度目のほとばしりがニースの胎内の一番奥へと放たれる。  
スパークは体を震わせながら、きついぬかるみにはまり込んだ勃起を何度もしゃくりあげさせた。  
   
「ああっ! スパーク・・・好き・・・。ああ・・・」  
 
絶頂の快楽とともに、胎内に精液がしぶくのを感じ、ニースが甘くとろける声をもらした。  
 
 
スパークはニースの身体に覆いかぶさる体勢で、荒い息を治めていた。  
二人の呼吸が落ち着きを取り戻す前に、硬さを失ったペニスが膣圧に押されて抜け、同時に二回分の精液がトロトロとこぼれ出し、シーツへと染みを作っていく。  
 
腕の中に納まるニースの小柄な身体。その熱さを感じ、上気した肌の艶っぽさを見ながら黒髪を手で梳いた。  
 
「ん・・・」  
 
目を閉じていたニースがその心地よさに目を開き、トロンとした視線が間近でスパークのそれと絡みあう。  
わずかな間、見詰め合った後、ニースの顔が紅く染まった。視線を外し、身をよじってスパークの下から抜け出そうとする。  
しわくちゃになったシーツがさらによれてゆく。  
 
「ど、どうしたんだニース?」  
 
突然の態度の豹変に、スパークは戸惑うしかない。小さなベッドの一番端まで這い進み、ニースは身を縮め顔を伏せてしまっている。  
 
小刻みに震える身体。こちらに向けられた美しい脚線の付け根の割れ目から溢れ続ける白い精液が目に入り、こんな状況だというのにスパークは生唾を飲み込んでしまった。  
 
「・・・しい・・・」  
 
「え?」  
 
ニースが何かつぶやいているが、小声すぎて聞こえない。聞き取ろうと近寄ると、ビクッとニースの身体がまた震え、離れていこうとする。  
 
「・・・は、恥ずかしいんです・・・。あんな、あんなに乱れて・・・、いやらしい言葉を口にして・・・。自分が自分じゃなかったみたい」  
 
イヤイヤとするように首を振りながら、かすれた声でニースがつぶやく。  
自分の行動と言動を思い出すと、顔から火が出そうだ。スパークのモノをしゃぶって、顔に浴びて、初めてだというのに自分から跨って腰を振った。それでも満足せずに再度の挿入を淫らに願ったのだ。  
 
ナニールの人格などではない。  
私のこの魂は一つ。ナニールでありニースでもあるのだ。  
そして、先ほどの淫乱な姿も間違いなく自分の一面なのだ。  
 
「・・・あの時、スパークに抱かれているリーフを想像したら、頭がカーッとなって・・・。そして自分の中の欲望を押さえられなくなってしまったんです。・・・ごめんなさい。スパークに失礼なことを・・・」  
 
ニースの独白を聞きながら、何故かスパークは嬉しかった。  
目の前のニースは、先ほどまでの女を強く感じさせる大人びた姿ではなく、いつもの隙のない聖女の姿でもない。恥ずかしさや嫉妬などの感情を表に出している年相応の少女だったからだ。  
 
そして同時に、彼女を悩ませているのが自分である事への罪悪感も感じる。  
 
「謝るのは俺の方だよニース。俺の優柔不断な態度が君を悩ませたんだ。俺のほうこそ許してくれ・・・」  
 
震える彼女の肩にそっと手を置く。しばし時がたち、その手にニースの手がそっと重ねられた。  
 
二人は既に衣服を身に着け、照れくさそうに向かい合っている。  
 
「・・・それではスパーク様、問題をきちんと解決してくださいましね」  
 
そう、ここに来た理由は古の邪竜の復活の儀式と、それを行うファラリス神官達への対抗方法を相談しにだったのだ。半分忘れていた。  
 
「ああ。ニースの助言を皆に伝えるよ。そして今度こそ闇司祭を・・・」  
 
「そうじゃありません」  
 
言葉の途中で遮られた。  
 
「その事ももちろん重要ですが、もう一つも忘れないでくださいね」  
 
手を伸ばせば抱きしめられるほどの距離に近づき、ニッコリとニースが笑う。その美しい微笑になぜ怖さを感じるのだろうか?  
 
「私もリーフの事は好きですし、彼女を貴方が側におくことにも賛成です。それが男女の仲だったとしても。でも・・・」  
 
スパークはゴクリと生唾を飲み込んだ。今度は緊張のあまり。  
 
「私は負けるつもりはありませんから」  
 
口元を押さえてウフフと笑う。  
太ももに激痛が走った。細い指のどこにこんな力が、というほどにニースがギュッとつねっている。  
 
「は、はい。わかりました・・・」  
 
冷や汗をにじませながらスパークは何度も頷いた。  
 
 
ずいぶんと長く地下の神殿にいた気がしたが、城に戻るとまだ日は高かった。  
広間で皆を集め、ニースからの助言を伝え、細かい作戦を練る。  
そして、そっぽを向いているリーフに八つ当たりした事を詫びた。  
彼女は「気にしてないわ」と笑ってくれたが、どこか拗ねているようだった。  
 
会議は手早く終わり、スパークは謁見を打ち切って自室へと引き返した。ニースとの件で、やはり体力を消耗したようだ。公私ともに色々と考えなくてはいけない事も多いが、今日はもう休みたかった。  
 
「ふう…」  
 
息をつき寝台に腰掛けたところでリーフが現われた。  
 
「今日は早いのね」  
 
「ああ…、色々あって疲れたからな」  
 
「色々」の内容を話す度胸は無い。もし話したらどんな事になるか…。  
 
リーフの方にも葛藤があった。あんなに不機嫌だったスパークが、ニースに会いに行っただけで、こんなに落ち着いている。  
やはり彼女にはかなわないのだろうか。でも負けたくは無い。その想いが今日もリーフをこの部屋に導いた。  
 
「…問題解決の糸口は見つかったんでしょ。なら良かったじゃない」  
 
リーフは強気に微笑を浮かべ、スパークに甘えるかのように、彼の膝へ座った。小柄な身体がスッポリとスパークの胸の中におさまる。  
 
膝に感じるリーフの丸いお尻。胸にしなだれかかる髪からは甘い少女の香りが漂い、スパークの男を刺激した。  
昼間に何度もニースへと吐き出した後だというのに、再び腰の奥に滾るものを感じ、スパークは自分の節操のなさに苦笑した。  
だが、さすがに今日はリーフを抱く気にならない。あまりに不実だろう。  
 
「リーフ、今日はやめておくよ。ほんとに疲れてしまったんだ」  
 
リーフの肩に手を添える。  
 
「え…?」  
 
珍しく拒絶された。複雑な想いを抱いてきたというのに、それを晴らすこともできないのだろうか。  
振り向きスパークを見るその顔に浮かぶ戸惑いと不安、普段は見せないか弱さが現われていた。  
 
そんな表情を見ると、彼女を無理に引き離す事など出来なくなった。  
 
「…リーフ…」  
 
「…スパーク…」  
 
リーフの潤んだ瞳にスパークの顔が映りこんでいる。二人の距離がスッと縮まり、唇が重ねられた。  
ついばむような軽いキス。それだけでリーフの顔から憂いが消えた。  
彼女が再び胸にもたれかかってくる。奇妙な安心感を覚え、彼女を抱きしめようと手を動かした瞬間、リーフが彼の胸を突っぱねるようにして身を離した。  
 
「ど、どうしたんだリーフ…」  
 
そう自分で問いながら、つい最近おなじ状況があった事を思い出した。  
リーフは内心をを押し殺したような表情でスパークを睨んでいる。  
 
「他の女の匂いがするわ…」  
 
やはり。セリフまで同じだ。  
 
「…ニースね」  
 
今回もまた言葉がでない。ただ背中を冷や汗が流れるのを感じた。  
 
「その態度! やることやってきたんでしょう!」  
 
なぜ簡単にばれるのだろうか?  
王たる者は、臣下に内心を悟られる事の無いように表情を操る事も必要なはずだ。まだまだ修行がたりないということだ。  
 
不幸王を自称するスパークの前には、まだまだ試練が山積みである。  
 
とりあえず今は、目の前で女性が拗ねて涙を流すという最大の試練を乗り越えなければならない。  
 
 
 終わり  
 

歓送迎会特集【ホットペッパー】 今日からビットコイン生活 Yahoo 楽天 LINEがデータ消費ゼロで月額500円〜!
無料ホームページ 無料のクレジットカード 海外格安航空券 海外旅行保険が無料! 海外ホテル