ロードス島  

パーン 「ちょっと待て! そこの……アシュラムにいつもくっついてる、乳デカダークエルフ!」  
ピロテース「誰が乳デカだっ!? 喰らえ、ファイヤーストーム!」  
ディード 「どーせ私は胸無いわよっ! いっちゃえ、ウインドストーム!」  
パーン 「どわああぁっ!?」  

・・・・・・  

ピロテース「……アシュラム様。やはり、私の胸は大き過ぎるのでしょうか?」  
アシュラム「いっ、いきなり何を言い出すのだ、ピロテース!?」   

 

 
 

パーン「なあディード。どうしてそんなに短いスカートなのに、めくれないんだ?」  
ディード「シルフの守りを掛けてあるのよ」  
パーン「そうか……。では、これでどうだっ!?」  
カシュー直伝のフェイントを掛け、仰向けにディードの股下に滑り込むパーン。  

スカートの中には、シェードの守りが掛けられていました。  
……許すまじ、シェード。