ロードス島  

旅に出ることを決めた理由をスレインに話し終えた時には、  
すっかり夜も更けていた。スレインは納得したようだった。  
最後まで話を聞くと、何度かうなずき、  
そしてディードリットに手を差し延べた。  
「ギムとは仲良くやってください。口は悪いですが、  
あなたが思っているような人ではないですよ」  
それが彼なりの、歓迎の言葉らしかった。  
昼間の、口喧嘩ともつかぬやりとりについては、誰かに聞いたのだろう。  
(最初に失礼なこと言ったのは、あのドワーフの方だわ)  
そう思ったが、ディードリットは口にするのを控えた。  
この穏やかそうな魔術師の困り顔が、容易に想像ついたからだ。  

ふたりは『水晶の森』亭二階の、それぞれの部屋へと戻った。  
ディードリットは腰に巻いた革のベルトを外し、  
チュニックだけの姿になると、ベッドに寝転がる。  
なりゆきとはいえ、自分の胸のうちを吐き出したのは、実に久々のことだった。  
すっきりとした心持ちで、よく眠れそうな気がした。  
しかし、目をつぶっても、なにかがディードリットの心をかき乱した。  
浮かんできたのは昼間、助けに入ってくれた若者、パーンの姿だ。  
幼さは残るものの、凛々しい顔立ちをしていた。  
そして、打算や下心を露ほども感じさせない瞳。  
まるで清流のように透き通っていたのが、印象的だった。  
あの目がディードリットに向けられた時、どきんと胸が高鳴ったのはなぜだろう。  

(パーン、もう眠ったのかしら‥)  
薄暗い部屋の天井に、パーンの笑顔を描いてみると、  
じわりと子宮の辺りが熱くなった。  
思わぬ身体の反応に、ディードリットは戸惑う。  
エルフから見れば粗暴とも思える、人間属の男に好意をもつなんて、  
これまでただの一度もなかったのだ。  
そんなことがあれば、エルフのプライドが傷つく、とすら考えていたくらいだ。  
なのに今、自分はパーンのことが、頭から離れなくなっている。  
切なくて、苦しくて、どうしようもないほどに‥  
ディードリットは草色のチュニックの裾をめくり上げ、そっと秘園に触れてみた。  

‥ぬちゅ‥  
温かい粘液で、たっぷりと潤っていた。  
肉溝にそって指を動かすと、ヌルヌルと滑るくらい愛液があふれ出ている。  
(嘘。こんなのありえない)  
頭で否定してみても、身体がパーンを欲しがっているのは明らかだった。  
自分がずいぶん淫らな女に思えて、ディードリットは顔を赤く染めた。  
だが、恥ずかしい思いとは裏腹に、動かす手は止められなかった。  
溝をなぞっていた指が、より速く擦りつけられると、  
肉の花びらを割ってその中へと潜り込んでいく。  
‥くちゅくちゅくちゅくちゅ‥  
卑猥すぎる音を、ヴァギナが鳴らした。  
聴力の良いディードリットにとっては、まるで耳元で聞こえているようだ。  
「‥ああん‥パーン‥いい‥」  
思わず喘ぎ声が漏れる。  
ディードリットは女性を淫乱にする魔法を、自らに掛けている錯覚すら覚えた。  

更に空いている方の手で、チュニックの上から胸を撫でまわす。  
弾力ある乳房がぷるんと揺れ、手のひらを押し返した。  
すでに固く勃ちあがった乳首は、衣服の下からぴんと張り出し、  
刺激を与えられるのを待っていた。  
ディードリットはその突起を、期待どおり摘んでやる。  
「くううっ‥はあん‥」  
頭の中で、閃光が瞬く。  
上と下から送り込まれる快感が、全身を駆けめぐり理性を溶かす。  
ほっそりとした指が出入りするたび、複雑に折りたたまれた陰唇はめくれ、  
溜まっていた愛液がとろりと垂れた。  
すでに部屋の中は、発情していることを示す、  
つんと甘酸っぱい匂いで満たされようとしていた。  

(ああ‥おかしくなっちゃう‥)  
やがて、ヴァギナを掻きまわしていた指が、  
割れ目の上端でこりっとした感触を捕らえた。  
(ここ触ったら‥きっとわたし‥)  
この真珠のような固くて丸いものが、  
女を狂わせる秘所だとディードリットは知っている。  
まさにそこを、パーンに舐めしゃぶられるのを想像しながら、指の腹で転がした。  

「ああああんッ!‥もう駄目っ!」  
美しい森の妖精は、背中を弓なりに反らして悶える。  
うっすら開いた下の唇からは、白濁した愛液がとめどなくあふれ、  
尻の穴まで汚していた。  
「‥ああっ‥きてッ!‥パーンきてえッ!!」  
激しく胸を揉みしだきながら、気持ち良さに細い身体をくねらせる。  
ディードリットの身体がびくびくと跳ね、ついに絶頂に達した。  
めくるめくような快感に包まれ、自分がはしたなく大声を上げていることには、  
気づいていなかった。  
ましてや、部屋の外にいる人間にその声を聞かれていたとは、知る由もない。  
ただ身体を震わせながら、幻のパーンと昇りつめた余韻に浸っていた。  

(つづく)