キョンに気持ちを告げられ、私達は世間一般にいうカップルになった。  
カップルとはいっても、相手はあの唐変木。私達は端から見たら何の変わりのない生活を過ごしている。  
……周りが言うには、男は直ぐにでも襲い掛かるらしいのだが。  
迎撃の準備は万全。備えあれば憂いはない。  
しかし。今日も彼はキスで終わる。  
「今日も楽しかったぜ。」  
「僕もだよ。」  
……この疼く身体はどうしてくれる。そういう恨み節も少し込めながら。  
 
「……全く、付き合ったら付き合ったで、こんなに思考にノイズが増えるとはね。」  
一人身体を慰め、一息つく。付き合う前と違い、彼の温もりを思い出しながら。  
「(妙にデジャヴがあるのよね。キスした時も。)」  
初めてしたキスは、まるで久し振りのような感覚だった。  
この感覚を何故か『知って』いた。  
「(涼宮さんの話の、あの終わらない夏休み……あれで私とキスしていたのかしら?)」  
どちらにせよ、自分には何の記憶もない。初めてじゃないのに初めてのような感覚、初めてなのに初めてじゃない感覚。  
「(ジャメヴとデジャヴか。)」  
そのいずれかだとしても、何か悔しい。  
ジャメヴなら、初めてを憶えていない事が。デジャヴなら、それが何かわからない事が。  
夏休みに何か幸せな夢を見て、それから自分を慰める頻度が上がったが、それも関係しているのだろうか。何れにせよ、証明する手段がない以上何も出来ない。  
「(パラノイックね。)」  
人に言っても、精神科に担ぎ込まれるのがオチ。私は気分を替えて休む事にした。  
 
今日も彼と勉強をする。  
元々の頭は悪くないだけに、最近は成績の飛躍が著しいらしい。こうした努力は、必要最小限にしたいのが彼のようだが。  
 
「基本的に怠惰なんだよ。だが、やるからには成果を出したい。」  
「武田信玄か、キミは。」  
 
勉強が一段落し、彼の部屋で二人で抱き合う。こんな幸せな時間。  
「……ん……」  
キスをし、吐息を感じあう。そんな時間も幸せなものだ。  
「……佐々木……触ってもいいか?」  
答える代わりにキスをする。  
キョンの手が髪を撫でる。……的確に私の気持ちよいところを探る手。相当に慣れているのではないだろうか……  
やはり涼宮さんなのだろうか。それとも長門さん?何れにせよ、宝物に手垢をつけられた気分だ。  
「……ねぇ。キョンは初めて?」  
私の問いにキョンは真っ赤になり、吹き出した。  
「当たり前だろうが!」  
……うん。その反応で十分だよ。キミは嘘をつく時は優しいからね。  
 
「ただ、なんとなくこの辺りが気持ちいいんじゃないか、って分かるんだよ。経験ない分際でな。」  
……既視感か。しかし驚いた。何もかもそっくりじゃない。  
「お前もそうだったのか?」  
「そうだよ。デジャヴとジャメヴが合わさり、精神科の受診を考えた位だ。」  
二人で頭を抱える。  
「……確実に、あの馬鹿絡みだな。」  
「……だね……」  
確認する手段は、やはり長門さんなのだが……さすがに聞きにくい。しかし。意を決したキョンは、長門さんに電話をした。  
 
結論を言おう。  
私達は、去年の夏に既に何度か抱き合ったパターンが存在しているようだ。  
そして例外なくそのパターンは消去された。だが、肉体的な記憶情報は残っているのではないか、というのが長門さんの話だ。  
無論、私達は処女と童貞……情報はあれど、肉体的な損傷はないという。  
 
「泡沫夢幻かよ……」  
「夢幻泡影だね……」  
 
二人で頭を抱える。こうした実体なく儚い記憶。もし仮に涼宮さんが故意的に残していたとしたら、性格が悪いなんてものではない。  
まぁ、その可能性は極めて低いが。彼女の性格上、彼女は極めてストレートに行くはずだ。これは偶発的な事故のようなものだろう。だが。一言言わせて頂く!  
 
「「なんてこった……!」」  
 
勘違いが勘違いを呼び、誤解を生んだ。長門さんが居なかったら、お互いがお互いを勘違いしていたところだ。  
顔を見合わせ、爆笑する。道理で夏休みから自慰の頻度が増え、かつ気持ちよく寂しかったわけだ。  
「俺もだよ。……ったく、傍迷惑な。」  
「くっくっ。」  
キョンもまた、私を抱く想像をしていたのか。そう考えると実に嬉しく、そして愛しい。  
「キョン。……好きだよ。」  
「ああ。佐々木。好きだ。」  
ツン、と目頭が熱くなる。  
「……ごめん。もう私が我慢出来ないわ。」  
キョンに抱かれたい。キョンを身体中に感じ、幸せな気分に浸り眠りたい。  
キョンの首筋を舐め、思い切り吸い付く。そこに出来るキスマーク。  
「お前な……」  
「マーキングだよ。くっくっ。」  
ちょっとした仕返し。そして私の『宣戦布告』。  
味覚で彼を味わい、嗅覚で彼の匂いを感じ、触覚で彼の温もりを感じ、視覚で彼の存在を感じ、聴覚で彼の声を感じる。  
五感を使いキョンを感じる事は、私のみに許された『特権』。そう涼宮さんに伝える為だ。  
 
キョンが私の服を脱がす。……慣れた動きは、私が教えたもの。そう考えると、その手付きが愛しい。  
「んっ……」  
ブラの上から、キョンが私の胸を触る。気持ちよいというより多少もどかしい。しかしこのもどかしさは、嫌ではない。  
私も彼のシャツを脱がし、彼の首筋を撫でる。  
「……くくっ。」  
キョンがくすぐったそうに首を捩る。そこに私が吸い付く。  
「あくっ……!……このエロ佐々木……!」  
そう言いながら、私のブラを外すあなたも十分エロいよ。このエロキョン。  
妄想の中の『彼の手』。それと彼の手の動きは驚く位に似通っていた。  
優しく触り、時に緩急をつけながら先端の蕾を揉みしだく。  
「あ……んっ!」  
それだけで腰に電流が流された感覚になる。私は慌ててパンツを脱いだ。  
不審に思ったのであろうキョンが、私の秘裂に手を伸ばす。そこは、すっかり熱くなりぬかるんでいた。  
そっとキョンが秘裂を擦る。  
「はぁぁんっ……」  
自分の指なんかとは比較にならない。不器用な熱い手が私の秘裂を擦る度に、私は溜め息を洩らす。  
このままでは、私だけが感じる。優しい彼はそれでもいいと言うのだろうが…  
私はキョンの下腹部に手を伸ばす。  
「……うっ……」  
キョンが呻く。……熱を持ったそれは、何故か奇妙に手に馴染むものがある。  
「久しぶり、というべきかな?」  
「やめろ。なら、お前のムスメさんにも再会の挨拶をするぞ。」  
「彼女は撫でて貰えただけで充分だと言っているよ。慎ましやかなムスメだからね。」  
お互いに笑う。久しぶりだけど初めまして。何故か怖さは感じない。  
そっと口唇を寄せる。そうする事が当たり前のように。  
口を開け、彼の昂りをくわえる。何なのだろう。この感覚。  
奇妙に熱いそれを、私の舌が舐める。まるで赤ん坊の指しゃぶりだ。  
「うくっ……」  
キョンが呻く。どうやら気持ちいいらしい。詳しく考えなくとも、何故かどこが気持ちいいか分かる。  
長門さんに聞いていなければ、キョンは絶対に私が初めてだとは信じなかっただろう。私がそうであったように。  
「(そう思われても、乱雑な扱いはされないんだろうな。)」  
何故か確信がある。私もそうだ。彼が誰を抱いていようが、関係はない。まぁ……これまでは、だけど。  
 
この先にやるなら、ただじゃおかない。  
 
キョンは、私に声をかける。  
「……そ、そのな、佐々木。」  
「……ん?」  
「俺を跨がってくれるか?」  
……い、所謂69というものか?  
 
……正直、恥ずかしさもあり拒否したいんだが……  
やってみたいという好奇心もまた事実。  
私はキョンを跨ぐと、昂りへの愛撫を始めた。  
キョンの吐息が、私の秘裂をくすぐる。  
見られている。私の秘裂も、お尻も。  
キョンの舌が、私の秘裂を這う。私の肉豆を転がし、私の腰が淫靡に動く。  
「……むっ……ううっ……」  
彼の昂りに歯を当てないよう、私はくぐもった声を上げた。  
キョンの指が私の肉豆を刺激し、私の膣口に舌が入る。  
「ひんっ!」  
刺激が走り、私は腰からキョンの胸に落ちた。キョンの嗜虐心を煽ってしまったのか、キョンの指が肉豆を強く刺激する。  
「あ、あああっ!あっ!」  
腰を動かし、その指に合わせて動く。快楽を求め、浅ましいまでに。  
顔が見れなくて良かった。今の表情は、きっと泣き出す寸前の表情だろう。  
私はキョンの昂りを舐める。ますます動きは激しくなり、私の頭にもやがかかる。  
「……っ!あああああっ!いくっ……!キョンっ……!」  
何度か痙攣する。……イッてしまった。キョンの指で。自分でやるよりも、何倍も凄い幸せな感覚だ。何より、彼の温もりがそばにある。  
キョンは私を横に来させると、私の手を昂りに当てた。  
「……しないの?」  
「ああ。避妊具もないしな。」  
「持ってるけど……」  
私が起きようとすると、キョンは私を抱き締めた。  
「すねかじりの分際が、こうした行為は何かあった時にお前に申し訳ない。」  
……嬉しい反面、何か寂しいよ。でも、キョンが私を本当に大切に思ってくれているのは理解出来る。  
 
キョンと抱き合い、お互いに陰部を刺激しあう。まるで裸で遊んでいるみたいだ。  
キスしたい時に出来る位置。そして顔を見たい時に見られる。それは心から安堵出来る。  
キョンの呼吸が荒くなり、顔が赤く染まる。もうすぐ出るのだろうか。私は息を飲み、キョンの昂りを擦る。  
「佐々木……っ!」  
キョンの昂りが、何度か跳ねる。そして、白濁が噴き出す……。  
「…………」  
粘り気があり、独特の臭気がするそれ。まるで漂白剤を生臭くしたかのような匂い。  
キョンは、私を強く抱き締める。  
「……俺は、幸せ過ぎて死ぬかも知れん。」  
「全く。益体もない事を。」  
それは、私の言葉よ、キョン。  
 
結局、この一回だけで私達は服を着た。  
「しかし、初回を憶えていないのがなぁ。」  
「まぁね。そこは寂寥に過ぎるが……反対に見れば、こうした関係に入りやすいとも言えるよ。」  
性臭がするので、部屋の窓を全開にする。  
「まぁ、とりあえずは、お前以外を抱いたというシーケンスは存在しないそうだ。お前が俺にしてくれた事は、俺がお前に教えた事なんだと思うが……  
そこは堪らなく嬉しいぜ。」  
「僕もだよ。……キミの手が、僕への理解だと考えたら嬉しいよ。」  
そう考えたら、あの既視感も未視感も悪くはない。  
因みにキョン。その終わらない夏休みとやらは、いつが終着だったんだい?  
「8月31日の、23時59分59秒だ。」  
「成る程。」  
ではこうしよう。今日は日付が変わるまで一緒にいよう。私の提案にキョンは、穏やかに笑った。  
「朝までだって構わん。」  
「くっくっ。」  
 
日付が代わる前。私は万感の思いを込めてキョンにキスをした。舌が入ってきたのはご愛嬌としておくよ、エロキョン。  
日付は当たり前に変わり、私達は帰路についた。  
 
多分、終わらない夏休みの最期に言えなかったであろう言葉を紡ぐ。  
 
「キョン。大好きだよ。」  
「俺もお前が大好きだぞ、佐々木。」  
 
――――これは、私達の付き合いが皆にばれる少し前の話――――  
 
END  
 

Gポイントポイ活 Amazon Yahoo 楽天

無料ホームページ 楽天モバイル[UNLIMITが今なら1円] 海外格安航空券 海外旅行保険が無料!