「おいハルヒ、いい加減にしろ朝比奈さんが困ってるじゃないか」  
「これくらい平気よ、ねぇみくるちゃん」  
「ふぇ〜ん」  
「お前があくまでもやめないというのなら、俺にだって考えがあるからな」  
「な、なによ。どうせキョンの考えることなんて多寡がしれてるじゃない、みくるちゃんはあたしのおもちゃよ」  
「そうかあとで泣いたってしらないぞ。いいか、俺はお前の事をもうハルヒとは呼ばない、いいな」  
「えっそれってどういうこと」  
「どうもこうもない、こういうことだ涼宮」  
「え、うそ……、ちょっと冗談でしょ」  
「冗談じゃないぞ涼宮」  
「ま、まってよキョン……」  
「どうしたんだ、落ち着けよ涼宮」  
「あ、あたし……」  
「とにかく俺はこれからお前のことを涼宮とよぶ、いいな涼宮」  
「……キョンはあたしのことハルヒって呼んで……あたしはキョンのことをキョンって……」  
「どうした涼宮、顔色が悪いぞ」  
「……う、嘘よ、こんなの嘘よ、嘘に決まってるわ……」  
「嘘じゃないぞ、涼宮。俺は涼宮のコトは涼宮としか呼ばない」  
「……ご、ごめんなさい、あたしが悪かったわ、だからお願い……」  
 
 ……  
 
「ばかだなぁ、俺が下の名前で呼ぶのはハルヒお前だけさ」  
「ねぇ今度はるハルって呼んで……」  
「はっ、なんですかこの桃色空間は!」  
「あらみくるちゃん、まだいたの」  
「朝比奈さんはもう帰っていいんですよ」  
「わたしひょっとしてお邪魔虫……orz」  
 
 

テレワークならECナビ Yahoo 楽天 LINEがデータ消費ゼロで月額500円〜!
無料ホームページ 無料のクレジットカード 海外格安航空券 海外旅行保険が無料! 海外ホテル