○月○日  
今日は部室に谷口と国木田が来た。  
素直にいじめたことを謝ってくれて、あたしの心も何となく晴れてきた気がした。  
でも、古泉くんとキョンは謝ってくれない。つまらない。  
 
○月○日  
部室に何故か豊原くんと山根くんが来た。素直にいじめたことを謝り、あたしが普通の活動をしているのを確認すると、  
何事もなかったように二人で話しながら出て行った。  
「××はいないのかよ」  
「古泉くんもいないよな」  
「でも古泉くん、アイツは相当いい体してるよな?」  
「よな」  
「ああ見えて、本当は男好きらしいぞ」  
そんな話し声が聞こえた。  
 
○月○日  
キョンが謝りに来た。本当に嬉しかった。  
ところがキョンは謝って活動を始めると思いきや、何故か豊原くんと持ってきたエロ本……エロ本はエロ本でも、男同士が絡んだ「あれ」を読んでいる。  
「あー、俺もヤってみてぇな…」  
「でもそんな相手いねえだろ。まずは彼氏作れよ」  
「でもさ、そうそう格好いい奴なんて……」  
突然会話が止まった。彼氏…?彼氏と「ヤる」…?それにあの雑誌……  
何を考えてるのよキョン…。  
 
○月○日  
キョンが怪しいと思ったあたしは、谷口と国木田を部室に呼び寄せた。  
「しばらくの間、あたしの話し相手になってくれない?」  
「ああ、別にいいぜ」  
「僕もいいよ」  
「二人ともありがと。本当はあたし、ひとりぼっちだとすごく寂しいのよ…うん」  
二人と日が暮れるまで目一杯本音を話して、あたしの心もすっかり快晴になっていた。  
でも、古泉はやっぱり謝らない。おかしい。  
 
○月○日  
ようやく古泉があたしをいじめた事を謝ってきた。  
本当に嬉しかったが、後ろにキョンや豊原くんと山根くんがいる事に気が付いた。  
「でもこんなノンケ男には興味ねぇぞ」  
「国木田を想像して犯ればいいじゃん」  
 
「ふんもっふ!ふんもっふ!」  
「アッ――――!!!!」  
 
彼らが古泉を犯し始めた時、あたしはその惨事を呆然と眺めるしかなかった。逃げる気すら失せていた。  
あたし……『腐女子』じゃないんだけど……。  

Gポイントポイ活 Amazon Yahoo 楽天

無料ホームページ 楽天モバイル[UNLIMITが今なら1円] 海外格安航空券 海外旅行保険が無料!