季節は秋――  
 色鮮やかな木々が適度な間隔で並ぶ林の中、まっすぐな歩道をのんびりと歩く俺達SOS団の一行。  
 ちなみにここは鶴屋さんのお家の私有地だそうで、鶴屋さんは先に目的地へ行って準備をしてくれている。  
 見上げる空には雲一つなく、絶好の行楽日和だな。  
「ねえキョン。ところでもみじ狩りって何を狩るの? もみじなんて狩れるわけないんだから何かの当て字なん  
でしょ? キノコ? 猪? あんた?」  
 歩きながらシャドーボクシングを始めるハルヒ。  
 お前は誰と戦っているんだ。  
「キョン君。実は私も、もみじがりって聞いた事なくって。あ、もしかして焼き芋とかだったりしませんか?」  
「……」  
 朝比奈さんの微笑ましい回答に、何故か機敏に反応する長門。  
 焼き芋でもありません、残念ながら。  
 まあ、食欲の秋やスポーツ(?)の秋ってのもいいんだろうが今日の趣旨とは違う。  
 おい古泉、紅葉狩りの目的ってものを教えてやってくれ。  
 俺は傍観者を決め込んでいた超能力者に頼んだ。  
「え? あ、実は僕もよく知らないんです」  
 ……マジかよ。  
「キョン、自分で言い出したんだからあんたは知ってるんでしょ? もみじ狩りってなんなのかさっさと教え  
なさいよ」  
 やれやれ、まさかみんな知らないで来てたとは予想外だったぜ。  
 周りの視線が集まる中、俺が口を開こうとすると  
「やー! こっちこっちー! お待ちかねちゃったよー!」  
 歩道の先に見えてきたのは、円形に切り取られたような敷地に作られた小さな休憩所と、手を振って跳ねて  
いる鶴屋さんの姿だった。  
 
 休憩所には紅茶や茶菓子のセットが所狭しと並んでいて、文化祭の時に着ていた喫茶店の衣装に身を包んだ  
鶴屋さんは本物のメイドさんにしか見えない。  
 鶴屋さんは待ちきれなかったかのようにこちらに走ってきて、さっそく朝比奈さんを捕獲すると  
「みくるげーっと! さ〜て、さっそくもみじマークつけちゃうぞ〜」  
「ふえ? や、あ、だめです! 脱がさないでください?」  
 わたわたと抵抗する朝比奈さんの服を、鶴屋さんの手が容赦なく脱がして……って! ちょっと待ってくださ  
い! 鶴屋さん!  
「なんだいキョン君? スタートの合図がまだとかなんて男らしくないにょろよ? 渡る世界は早い者勝ちって  
言わないっかな?」  
 言いません。じゃなくて、鶴屋さんは今日の目的がなんなのか知ってるんですよね?  
「もっちろん! みくるの真っ白な柔肌に平手でもみじマークをつけて、誰が一番綺麗なもみじを作れるか競う  
日本古来の伝統芸能、もみじ狩りだよね?」  
 未来人を古来から存在させないでください。  
 ある意味今までで一番近いですが果てしなく違います。いいですか?  
 俺は今歩いてきた林を指差して疲れた声で言った。  
 紅葉(もみじ)狩りっていうのは、紅葉した景色を眺める事なんです。  
 …………なんだ? この沈黙。  
「え? それだけ? 眺めるだけ? 狩らないの?」  
 そうだ。狩らない食わない脱がさない。   
   
   
「いっや〜……まさかみ〜んな帰っちゃうとは予想外だったよ」  
 俺を慰めようとしているのか、鶴屋さんは楽しそうにそう言った。  
 
 まず、  
「……退屈そうだから帰る」  
 そう言ってハルヒが帰り  
「す、涼宮さん?」  
 そんなハルヒを追って朝比奈さんが俺の顔を気にしつつ去って行き、  
「お芋」  
 一言呟いて長門も帰ってしまい、  
「僕はご一緒しますよ。たまにはゆっくりするのもいい……で……すみません、その」  
 わかってるよ。  
 楽しみにしていた休日が、こんな地味なイベントだった事にハルヒは腹を立てたんだろうな。古泉は冷や汗を  
浮かべながら走り去って行った。  
 なんていうかすまん、世界の運命は頼んだぞ。  
 ――結果、鶴屋さんと俺だけがその場に取り残されてしまった訳だ。  
 せっかく色々準備してもらったのにすみません。片付けるのだけでも手伝いますね。  
 木製のテーブルに並んだ茶器セットに近づく俺を、鶴屋さんの手が止めた。  
「なんでしまっちゃうのさ? キョン君もあたしを残して帰っちゃうつもりなのかい?」  
 え? その、俺だけじゃ鶴屋さんが退屈でしょう。  
「そんな事はないさ〜。むしろ2人っきりでどっきどきだね! 何か起きちゃいそうな気がしてないっかな?」  
 ご機嫌な鶴屋さんに押されて丸太を輪切りして作られた椅子に座ると、すぐにティーカップが目の前に置かれ  
並々と紅茶が注がれるのだった。  
   
   
「……静かだね」  
 そうですね。  
 聞こえるのは、時折風に揺られて落ちる枯葉が落ち葉に触れる乾いた音だけ。視界に入るのは赤々と色づいた  
木々……ではなく涼しげな上級生の横顔なんだが。  
 あの、鶴屋さん?  
「何かな」  
 なんで、貴女は俺の上に座ってるんでしょうか。  
 
 休憩所にはいくつも椅子があるのに、何故か鶴屋さんは俺の膝の上に横掛けで平然と座っていた。  
 最初は何かの冗談なのかと思ったのだが、1分以上経った今も鶴屋さんが立ち上がる気配は無い。  
「他の椅子は雨で濡れちゃってて、この椅子しか無事な椅子がないのさ」  
 じゃあ俺は立ちますから。  
「え、あたしが座ってたら重くて大変?」  
 いや、そんな事はないですけど。  
「じゃあいいよね」  
 何がいいかわからないが、鶴屋さんは納得した様子で立ち上がる気配は微塵もなかった。  
 まあ、以前から次の行動が読めない人だとは思ってはいたけどさ。  
 じっと動かないでいるのに疲れてテーブルから紅茶を取ろうとしたが、俺の右手側に鶴屋さんの背中があるの  
でテーブルまで届きそうに無い。仕方なく左手を伸ばすと  
「紅茶かな? はいは〜い」  
 鶴屋さんは俺のカップを取って、そっと口元まで運んできてくれた。  
 あ、あの、自分で持って飲めますから!  
「だいじょぶだいじょぶ、これは基本料金内のサービスにょろ。あ、口移しの方がどっきどきかな?」  
 怖い事を言い出した上級生がさらなる行動に移る前に、俺は目の前にあったカップに口をつけた。  
 暖かな液体が喉を通って体を温めていく。  
 紅茶を飲む間、俺の口元をずっと見ていた鶴屋さんが、  
「……こ、困ったなぁ。なんだか……あたしが先にどっきどきになってきちゃったかも」  
 頬を染めてそう囁いた。  
 秋の寒さに色づいた木々のように上級生の横顔はその色を変え、それに伴って俺の緊張も高まっていく。  
 ええい落ち着け俺! 今日は何をしに来たんだ? 最近寒くなってきたから色づいた紅葉を見に来たんだろ?  
 林を凝視して理性を総動員させる俺を見て、鶴屋さんは楽しそうに笑い  
「キョン君もどっきどきかな?」  
 俺の胸の上に、そっと掌を当ててきた。  
「あれ〜? ん〜……わっかんないな〜」  
 つっ鶴屋さん?  
 鶴屋さんの小さな手が器用に動き、指先だけで服のボタンを外して中へと侵入してくる。  
 シャツ越しに心臓の辺りに手が辿りつくと  
「わわ! もうどっきどきだね!」   
 嬉しそうに俺の胸と顔を見比べるのだった。  
 これ以上はまずいです、色んな意味で限界なんです!  
 胸の上を這う鶴屋さんの手を、俺はつかんで止めた。  
「……間違っちゃった」  
 な、何をですか?  
「キョン君を試してみるつもりだったのに……もうギブアップにょろ」  
 
 俺がつかんでいたはずの鶴屋さんの腕が弧を描いて動き、次の瞬間には逆に俺の腕が鶴屋さんにつかまれてい  
た。驚く間もなく俺の手は引き寄せられていき、鶴屋さんの胸の上に辿りつく。  
「ほら、どっきどきでしょ?」  
 その言葉通り、鶴屋さんの胸の鼓動は服越しにでも分かる程だった。  
 っていうか、服越しに感じる柔らかな感触の方が俺には大問題ですってば!  
「……服の上からじゃわからないよね?」  
 鶴屋さんの手が俺の腕から離れても、俺はその手を胸の上から動かそうとしなかった。  
 じっとして動かない俺を見て鶴屋さんは小さく息をつく。  
 その息の熱さとそれ以上に熱っぽい視線に、俺の思考は停止してしまっていた。  
 俺にできるのはゆっくりと動く彼女の手の動きを、じっと目で追っていく事だけ。  
 鶴屋さんの手が、自分の襟元にあるボタンを一つ外し、少しずつ下へと動いていく。  
 二つ目のボタンが外れて、首筋の白い肌がその姿を現した。  
 三つ目のボタンに手がかか――  
 みっみっみらくる! みっくるんるん! みっみっみらくる! みっくるん! るん! でんででーん でん  
ででーん ででっ ででっ ででっ ででででっ でっ すーなーおーにー好きーとー 言ーえーなーいー君ー  
もー 勇気を出し――ピ!  
「はいはーい! 今? まださっきの林に居るよ〜。――え、キョン君なら帰っちゃったよ。どうかしたの?」  
 そう電話に言いながら、鶴屋さんは俺の手をそっと自分の胸元へと入れていく。  
 つ、鶴屋さん? 思いっきり……触ってるんですけど……。  
 俺の抗議は完全無視。指先に柔らかな胸の感触が伝わり、その面積はどんどん増えていく。  
 もちろん、その面積に俺の興奮も正比例してたさ。  
「ん〜……どこへ行くとか言ってなかったからわっかんないや、ごめんね? ――うん。じゃあキョン君から連  
絡があったらすぐに電話するよ! じゃ、ばいばいっ!」  
 もどかしそうに携帯電話を切った鶴屋さんは、そのまま電源を落として携帯をテーブルに置いた。  
 俺の手は鶴屋さんの張り詰めた胸を触ったままで、胸元のボタンを全て外し終えた鶴屋さんは、静かに何かを  
待っている。  
 お互いの鼓動が聞こえてしまっているような、気恥ずかしい時間が流れて……。  
 言え! 言ってしまえ!  
「つ、鶴屋さん」  
「……何かな?」  
 期待する様な目で俺を見る上級生に、俺は欲求のまま口を開いた。  
「……触っても、いいですか?」  
「もう触ってるじゃないかぁ!」  
 
 そうじゃないと言いたげに、鶴屋さんは眉を寄せて体を揺する。  
「ね〜これって言葉責めなの? 正直……たまんないよぅ……」  
 鶴屋さんは自分の服を両手で掴み、そのまま下へ降ろした。  
 結果、彼女の上半身を隠しているのはブラジャーだけとなり、それも鶴屋さんの想像以上に豊かな胸を隠すに  
は少々生地の面積が足りないようだ。  
 あられもないお姿の鶴屋さんは、凝視する俺の視線にくすぐったそうに微笑み  
「これはもう、抵抗出来ないねぇ」  
 そう言いながら体を寄せてきて……俺の耳元で言ったんだ。  
「……ねぇ……今日だけの恋人って事でいいからぁ……しよっ?」  
 もう、限界です!  
 熱い吐息と共に俺の耳に届いたその言葉に、俺の理性は無条件降伏した。  
   
   
 ここまで密着していると動きようが無い。  
 俺は彼女の小柄な体を抱き上げ、目の前にあるテーブルの上に座らせた。  
「い、今からキョン君に……食べられちゃうんだね……あたし」  
 彼女の何かを期待するような目が、俺の興奮を更に加速させる。  
 胸の谷間に完全に埋もれていたブラジャーのホックを外すと、大きな胸が揺れてその姿を現した。  
 胸の大きさに対してその先端にある突起は少し小さく、今はいじらしく上を向いて自己主張している。  
 まずは彼女の胸全体を包むように手を伸ばすと、張り付くような柔らかさが掌を覆った。  
 力を加えるたび、自在に形を歪めながら至福の感触を与えてくる。  
「……じらさないでぇ?」  
 彼女の言葉に後押しされるように遠慮がちだった胸を触る手が強くなった。  
 飽きる事無く鶴屋さんの胸を揉み続けていた俺だったんだが、  
「違うの! その、そうじゃなくてぇ……うう、切ないよぅ。……わかってるんでしょ?」  
 泣きそうな顔で彼女は訴えるのだった。  
 じゃ、じゃあ……遠慮なく。  
 俺は胸に顔を近づけ、それまでわざと避けていた胸の突起――乳首へいきなり歯を立てた。  
 
「っひゃ! あう……あ」  
 強すぎる刺激に鶴屋さんが上げる声が、俺にもっと強くと言っている。  
 最初は甘噛みだった力を徐々に強め、唇で吸い、舌先で先端部をなぞり出すと鶴屋さんの体は小刻みに震え出  
した。止めさせようにも自分の腕は服で拘束されたままで、テーブルに座らされた状態では逃げる事も出来ない。  
「あぅあああ! あん、好きぃ! もっと、もっとしてぇ!」  
 脳髄を麻痺させるような彼女の甘い声が響く。  
 それに煽られて俺の愛撫は激しさを増していった。  
 左右交互に責めるたびに、彼女は面白い様に反応する。まるで、新しいおもちゃを買い与えられた子供みたい  
に飽きる事無く俺の愛撫は続いて、  
「……ね、ねえ? もう、あたしはいいよ? ね? ねぇ〜」  
 鶴屋さんの懇願する行為がなんなのか? ここまでしておいてわからないはずがない。  
 俺が彼女の胸から口を離すと、腫れあがった鶴屋さんの乳首の周りに、まるで紅葉みたいな赤い歯型がいくつ  
も残っていた。  
 その卑猥な姿は、彼女にもっと自分の痕跡を残せと言っているみたいで……。  
「…………早くぅ」  
 ズボンを下ろし、すでにクライマックスな俺の息子を見て鶴屋さんは物欲しそうに呟いた。  
 俺は彼女の下半身を覆うスカートをたくし上げ、すでに溢れていた愛液を吸って熱く濡れそぼっていた下着を  
必要なだけ横にずらした。  
 彼女の腰に手をあて、そっと自分の方へと引き寄せる。  
 鶴屋さんと俺の視線が重なる部分、彼女の中へと……俺の息子はゆっくりと沈んで行った。  
「っはぁ! ――……キョンくぅん……ねえ、気持ちいい?」  
 もちろんです!  
 腰が蕩けそうな快楽の中、俺は射精をこらえながら腰を前後させる。そのたびに、自分でするのとでは桁が違  
う程の快楽が俺を襲うのだった。  
「本当っ? ……なんでだろ、キョン君にそう言ってもらえると凄く嬉しい……じゃあ、こんなのはどう?」  
 なっ?! ちょちょっと!  
 彼女の言葉に合わせて、彼女の中が急に収縮をはじめ俺に襲い掛かってきた。  
 じっとしていても危ないってのに、彼女の中でどんどんと快楽が高まっていく。  
 
「好き……好きなの……気持ちよくなって? キョン君……好きぃ……」  
 うわ言の様に繰り返す鶴屋さんは、切なそうな顔で俺を見て締め付けてくる。  
「だ、だめです! そんなにしたら俺、俺もう!」  
 俺の悲鳴に、鶴屋さんは急に悲しそうな顔になった。  
「え? やっやだやだ、まだ出しちゃやだ! もうちょっとなの……キョン君もう少しだけ頑張って? ね?」  
 だったら動くのを止めてください、なんて泣き言を言う暇もない。次々と襲ってくる快楽の波に、俺は必死に  
耐えるしかなかった。  
 このまま責められてたらもたない!  
 限界を感じた俺は、鶴屋さんの胸に再び噛み付きそのまま腰を振った。  
 彼女の大きな胸に俺の歯が食い込み、その形を変える。  
「いい! いいよっ! あっあ……もう、あん! だ、出していいよっ! 出してえぇ!!」  
 彼女の中が大きく振るえ、俺の全てを搾り出そうと収縮を繰り返している。  
 途方も無い快楽の中、彼女の奥の奥にまで自分の痕跡を残そうと突き入れた後、俺は自分の息子を一気に引き  
抜く。まるで魂が抜けるような快楽の中、  
「つっ鶴屋さん!!」  
 彼女の体から抜き出した途端、限界を迎えた俺の息子は射精を始め……赤く色付いた彼女の胸元を白く染めて  
いった――。  
   
   
「――ええっ? また紅葉狩り?」  
 放課後の部室――  
「そうっさ! 今の時期にしか出来ない事なんだよ? 今週末も行こうよ〜」  
 団長席に座るハルヒにお願いしているのは鶴屋さんで、  
「ん〜誘ってもらって悪いけど、今度こそ私はパス。……ねえ、あれって何が面白いの?」  
 ハルヒは不思議そうに聞き返している。  
 残念そうな顔で鶴屋さんは引き下がり、  
「そっか〜。まあ、無理には誘えないや。あれって地味な趣味だからハルにゃん向きじゃないもんね。……じゃあ  
キョン君、また2人で紅葉狩りしてみる?」  
 ハルヒに背を向けた上級生は俺の目の前に立って、あの時と同じ熱っぽい視線を向けるのだった。  
   
   
 「もみじ」 〜終わり〜  
   

PC用眼鏡【管理人も使ってますがマジで疲れません】 解約手数料0円【あしたでんき】 Yahoo 楽天 NTT-X Store

無料ホームページ 無料のクレジットカード 海外格安航空券 ふるさと納税 海外旅行保険が無料! 海外ホテル