ある日の放課後。ハルヒが、キョンに向かって言う。  
「あたしはSOS団団長だから、皆が何を考えているかなんてまるっとお見通し。何でも当てることができるわ!」  
その時、廊下を歩いていたみくるが、ずっこけた。ちょうど良い、証明してみせるからと、ハルヒは言う。  
みくるをじっと見つめるハルヒ。キョンに向かって、  
「みくるちゃんなら『ふみぃ、痛いですぅ』ってところね」  
結果は予想通りだった。  
 
「たいしたことないな。俺だってそれくらい出来るぜ」とキョンが言う。キョンは携帯電話で古泉を呼び出す。  
古泉をじっと見つめると、その一言目をハッキリと言い当ててみせた。  
 
意地を張り合いだす二人。白黒ハッキリつけようじゃないかとなる。二人は、長門の言葉も言い当ててみせた。  
どうせなら、団員以外でも確かめてみようじゃないかとなった。今度教室に入ってきた人間の一言目を当てる  
ことでケリをつけることになった。  
やってきたのは谷口。二人は谷口をじっと見つめる。閃いたようだが、何故か先行を譲り合う。  
「まず、あんたから言いなさい」  
「いや、お前が先に言え」  
「団長命令よ、グズグズしない」  
「雑用が団長様に先んずるなんて、とてもとても」  
 
谷口がふらふらこちらにやってきて、口を開く。  
 
「そんなに見つめるなよ。お前のことが好きになっちまいそうだ」  
 
谷口は蹴られた。  
 

楽天モバイル[UNLIMITが今なら1円] ECナビでポインと Yahoo 楽天 LINEがデータ消費ゼロで月額500円〜!


無料ホームページ 無料のクレジットカード 海外格安航空券 解約手数料0円【あしたでんき】 海外旅行保険が無料! 海外ホテル