「………もーん」  
 
「………」  
「どうしたの、キョンくん? そんな『イースター島にいったらモアイの代わりに奈良の大仏が鎮座ましましていやがったような感じだ』とでも言いたげな顔をして」  
「人の心を読むな、朝倉」  
 
「………もーん」  
 
 
―――――――――――――  
長門さんが『もーん』だそうです  
―――――――――――――  
 
 
「で、確か俺は長門に呼ばれてわざわざこのマンションまで来たわけだが、………なんであいつはさっきから部屋の隅っこで『もーん』と言ってるんだああ可愛いなぁこんちくしょうだきしめていいですねひうぃごー」  
「はい落ち着いて、そんなあなたに清涼剤。ピト、っと」  
「ナイフは薬じゃねえっ!」  
 
「………もーん」  
 
「えっと、狼さんが落ち着いたところで質問に答えるけど、どうもキョンくんがひどい事をしたみたいなのよね」  
「え、いつだ、それ」  
「夢の中で」  
「冤罪じゃねえか!」  
「じゃあ、夢の中へ、夢の中へ」  
「行ってみたいとは思いませんよ!」  
 
「………もーん」  
 
「あー、とりあえず、だ。俺は一体何をすりゃいいんだ?」  
「慰めなさい。いえむしろ、慰み者になりなさい」  
「よし、とりあえず帰るな。じゃっ!」  
「しゅっ、しゅっ、と」  
「ナイフを砥ぐな!」  
 
「………もーん」  
 
「ほっ、やっ、とっ」  
「ナイフでジャグリングをするな。………あーもう、とにかく帰るからな」  
「………どうしても」  
「慰めろとかなんとかってのは脅されてイヤイヤやるもんじゃないだろ。じゃあな」  
「………」ぐっ  
「って、袖を掴むな袖を。………んあ、長門?」  
 
「………も、もーん」  
 
「………はは、あはははは」  
「キョ、キョンくん? 何でそんな鼻血だらだら流しながら壊れた笑い声をたてているのかな?」  
「意外性で2倍、上目使いで2倍、そしてどもった事で3倍、12倍ですよ朝倉さん! 1000万パワーズですよ!」  
「いやその計算はおかしい」  
「もう脅しとかナイフとかハルヒとかオチとかなんぞ知った事か! 今夜は朝までサタデーナイトフィーバーだ!」  
「まあ、『もーん』の時点で出オチだしね。で、長門さんはそれでいいの」  
 
「もーん、もーん」  
 
「あら、いいの? じゃ、あたしは帰るから。キョンくん後はよろしくね」  
「おう、まかせろ。『もーん』の名にかけて!」  
「………誰よ、それ」  
 
「もーんもーん」  
「もーん?」  
「もーん!」  
「もーんもーん、もーん」  
 
「なんか居間の方からイヤすぎる会話が聞こえてくるわね。というか、あれで会話、成り立っているのかしら? ………まあいいわ、どうせあたしに言える事は一つくらいだしね」  
 
 
「ではでは、ごゆっくりー、………ってね」  
 
 

PC用眼鏡【管理人も使ってますがマジで疲れません】 解約手数料0円【あしたでんき】 Yahoo 楽天 NTT-X Store

無料ホームページ 無料のクレジットカード 海外格安航空券 ふるさと納税 海外旅行保険が無料! 海外ホテル