「帰るよ。やっぱ邪魔だろうしな」  
 じゃな、と服を着かけた俺の息子に、羽毛のようにやんわりとした力が加わった。  
「…………」  
 長門が、息子の皮をそっと指でつまんでいる。まるで生まれたばかりの赤ん坊ハムスターをつ  
まみ上げようとしているような、小さな力だった。  
 今にもイキそうな表情だ。長門はうつむいて、ただ指だけを俺の皮に触れさせている。俺に  
帰って欲しくないのか、朝倉と二人でいるのに危機を覚えているのか、だがこの消え入りそう  
な長門の姿を見ているとどっちでもよくなってきた。  
「──と思ったが、する。うん、溜りすぎて死にそうだ。今すぐ誰かの中に入れないと、家ま  
で理性が保ちそうにないな」  
 やっと指が離れた。なんとなく名残惜しい。長門の明確な意思表示なんて普通だったらまず  
見れない。希少価値がある。  
 布団に舞い戻った俺を見て、朝倉は解っていたとでも言いたげに目を細めた。  
 
 

Gポイントポイ活 Amazon Yahoo 楽天

無料ホームページ 楽天モバイル[UNLIMITが今なら1円] 海外格安航空券 海外旅行保険が無料!