俺とハルヒは閉鎖空間に閉じ込められた。手掛かりは、白雪姫とsleeping bautyの言葉だけ。長門に朝比奈さん、俺に寝ている女性にキスするという変態行為をさせるのか?  
「キョン、何そわそわしているのよ」  
「いや、そろそろ寝ないかなー、って思っただけ」  
しまった。思わず本心をしゃべってしまった。フゴ・良いパンチが俺の顔面を直撃した。  
「あんた、二人きりになったから即女の子を抱けると思っていたの?この変態が。団長として教育的指導してあげないとね」  
ハルヒさん、グーはやばいですグーは。  
「そんな深い意味じゃなくて、夜だし眠くならないかな〜、なんて」  
ハルヒの顔がさらに怒りに満ちて、まずかったかな?さっきの言葉。  
「ふーん。つまり寝込みを襲おうというわけね。さらに変態だわね。」  
恐いよー、どうやって言い逃れようか?  
「そうじゃなくて。俺は眠いから寝たいのだけど、団長より先に寝るのはどうかと思って。」  
その瞬間、ハルヒの顔つき、というか怒りの質が変った気がした。  
「そんなに眠いの?」  
「ああ」  
バキ。また良いパンチが俺の顔面に直撃した。  
「こんな不思議をこんな美人といっしょに経験しているのに、眠いって何?そんなに寝たいのならあたしが永眠させてあげるわ。」  
すまん、古泉。世界が終わりそうだ。その前に俺の命が、  
 

PC用眼鏡【管理人も使ってますがマジで疲れません】 解約手数料0円【あしたでんき】 Yahoo 楽天 NTT-X Store

無料ホームページ 無料のクレジットカード 海外格安航空券 ふるさと納税 海外旅行保険が無料! 海外ホテル